02/05
2023
Sun
旧暦:1月15日 先負 甲 
社会・全般
2014年3月19日(水)9:00

福島の子供を笑顔に/南小児童

バザー収益を保養実行委へ


バザーの収益金をうむい宮古島保養実行委員会満月のメンバーに寄付した子供たち(前列)=18日、南小学校

バザーの収益金をうむい宮古島保養実行委員会満月のメンバーに寄付した子供たち(前列)=18日、南小学校

 「福島の子供たちに、たくさんの笑顔を」-。南小学校(屋嘉比邦昭校長)の児童が18日、福島の家族を宮古島に招く活動を展開している「うむい宮古島保養実行委員会満月」のメンバーに寄付金を贈った。寄付金は校内バザーの収益金。自ら行動し、東日本大震災に伴う原発事故で苦しむ福島の人々のために集めた。

 バザーに取り組んだのは間もなく卒業する6年生の児童。「バトンタッチ・バザー」と銘打って家庭から持ち寄った衣類、本、学用品を父母らに販売した。

 集めた寄付金の贈呈式は同校で行われ、前児童会のメンバーが、うむい宮古島保養実行委員会満月のメンバーに直接手渡した。

 前児童会長の荷川取麟汰君と、前副会長の新城日奈世さんは「6年生みんなで勉強道具などを販売して集めました。福島の子供たちの笑顔のために役立ててください」と話し、同会の保養活動に期待を込めた。

 これに同実行委員会の瑞慶山麗子さんは「福島の皆さんは多くのストレスを抱えているので、宮古島で過ごす時間は心の保養の時間になる」と説明。「皆さんの努力は、必ず形になって表れる。これからも一緒に行動してほしい」と話して感謝を込めた。

 うむい宮古島保養実行委員会満月は昨年7月、福島の家族を宮古島に招いて交流を深めた。今年も同様の活動を計画している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!