02/21
2024
Wed
旧暦:1月12日 赤口 乙 
産業・経済
2014年4月3日(木)9:00

一部運転を開始/JA集出荷場

選果機導入で作業効率化


一部の運転を開始した集出荷場。この日はゴーヤーを識別した=2日、平良西里(野原越)

一部の運転を開始した集出荷場。この日はゴーヤーを識別した=2日、平良西里(野原越)

 平良西里(野原越)にこのほど建設されたJAおきなわの農畜産物集出荷貯蔵施設が2日、一部の運転を開始した。この日はゴーヤーを搬入し、県内では初めて導入された最新鋭の選果機を使ってサイズや形を識別した。今後は順次取扱量を増やしながら品質やサイズの基準を統一。市場の信頼向上や生産物のブランド化につなげる。

 初日は、平良地区の14農家のゴーヤー1㌧弱が搬入された。選果機のベルトコンベヤーに投入すると、同機に搭載されたカメラがゴーヤーのサイズや形を自動で識別して分類。作業員が手際よく箱に詰めた。

 運転初日ということもあり、集出荷場には作業員のほかにJAやメーカーの職員が多数来場。選果機が正しく識別しているかどうかを調べたり、作業工程の役割分担をしたりして本格運転に備えていた。

 この施設は品質の安定を求める市場のニーズに応えて建設。約6億320万円の事業費を投入した。

 敷地面積は1万4000平方㍍、施設面積は3260平方㍍。場内にはマンゴーとゴーヤーの高機能選果機を設置、カボチャやトウガンなど船舶に積む野菜を置くスペースは1500平方㍍を確保した。

 現在、宮古島の集出荷場は旧市町村に分散しているが、今後は新しい集出荷場1カ所に集約していく。


カテゴリー一覧

観光関係

2024年1月21日(日)8:57
8:57

トライ応援ツアー再開へ/観光協青年部

活動目標に「エンジョイ」   宮古島観光協会青年部(大嶺宣之部長)の第40回定期総会が20日、市内の飲食店で開かれ2024年度の事業計画や予算を決めた。事業計画では全日本トライアスロン宮古島大会応援バスツアーを5年ぶりに再開することなどが承認された。

2023年12月15日(金)13:07
13:07

【宮古島スイーツ】cafe nuisで至福なひととき!

  【宮古島スイーツ特集】 #宮古島 には #スイーツ がいっぱい!探して見つけてハッピーに♪ #宮古毎日新聞 のホームページで 宮古島内のスイーツを紹介する特集コーナー!   記者が実際に店舗を訪ね、イチオシスイーツの魅力を聞きました! …

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!