01/31
2023
Tue
旧暦:1月10日 仏滅 己 
産業・経済
2014年4月3日(木)9:00

共乾施設が本格稼働/葉タバコ

地域雇用に貢献


乾燥した葉の選別・梱包作業をする職員たち=2日、城辺の共同乾燥施設

乾燥した葉の選別・梱包作業をする職員たち=2日、城辺の共同乾燥施設

 葉タバコ共同乾燥施設の稼働が、本格化した。城辺地区葉たばこ生産組合(砂川博美組合長)が運営する共同乾燥施設では、17人が働く。葉タバコ収穫最盛期の5月中旬ごろには40人以上に増える。期間中の人件費は多額に上り、葉タバコ産業は地域雇用に大きく貢献している。

 城辺の共同乾燥施設は3月22日から稼働を開始した。施設は生葉のつり込みや、乾燥葉の取り下ろし、選別・梱包などの作業で活気付いている。稼働は6月中旬まで続く。

 城辺地区の耕作者数は40人で、栽培面積が204㌶。面積は宮古地区全体の35%を占める。

 反収目標は226㌔、平均キロ単価が1990円。総販売額は約9億2000万円を目指す。

 宮古地区では城辺、平良、狩俣、下地、来間、上野、宮国、多良間、伊良部の9施設が稼働している。9施設を合わせた最盛期の従業者数は、約170人に上る。

 共同乾燥施設は、生産コストの低減や適期収穫による品質向上などを目的に建設された。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!