02/09
2023
Thu
旧暦:1月19日 先勝 戊 
社会・全般
2014年4月8日(火)9:00

理事長に下地市長選任/土地改良理事会

副理事長は照屋氏

 宮古土地改良区は7日、2014年度第1回理事会を開き第3代理事長に下地敏彦市長、副理事長に照屋秀雄氏を選任した。下地理事長は「地下ダムの水の安定供給に努め、宮古島の農業を支えていきたい」と抱負を語った。同会では各係の担当理事も決めた。

 理事長の任期は18年4月4日までの4年間。第2代理事長の仲間克氏は今月4日に退任した。

 第1回理事会には理事14人全員が出席した。理事長と副理事長の互選は、指名推薦で行い全員一致で両氏を承認した。

 あいさつで下地理事長は「地下ダムがなかった時代には、干ばつ被害に悩まされたが、地下ダムと関連施設が整備された以降は(水の恩恵を受け)農業生産が飛躍的に伸びた」と強調。その上で今後についても、かんがい施設整備を引き続き進め「生産性向上につないでいきたい」と、高収益水利用農業の一層の発展を展望した。

 同改良区は地ダムの水管理(適正使用)を取り仕切っている団体。ファームポンドや揚水ポンプ、送水管など地下ダム関連施設の管理も行っている。

 各係担当理事は次の通り。(敬称略)

 【会計担当】池間雅昭(平良)▽友利悦裕(城辺)▽川満省三(下地)【財務担当】岡村幸男(城辺)▽前川尚誼(平良)▽川満久雄(上野)【事業担当】池村香成(平良)▽前里孝清(下地)▽与那覇国洋(上野)【管理担当】砂川明寛(城辺)仲里長造(平良)▽伊志嶺健良(城辺)
 【総括監事】長崎富夫


カテゴリー一覧

観光関係

2023年2月9日(木)9:00
9:00

島の魅力を子々孫々まで/サスティナブルツーリズム連絡会

宮古観光持続へ「約束」策定/島人、旅人、事業者に協力要請   持続的な宮古島観光の実現を目指し、昨年5月に発足した「宮古島サスティナブルツーリズム連絡会」のガイドライン策定発表記者会見が8日、市役所で行われた。会見では座喜味一幸市長ら関係機関の代表が…

2023年2月9日(木)8:58
8:58

Wサーフィン国際大会が開幕

パリ五輪採用のiQフォイル/前浜で5日間最終日に決勝   2024年パリ五輪に採用されたウインドサーフィン競技「iQフォイルクラス」の国際大会「2023iQフォイルゲームス#1・ミヤコジマ・アイランド・ジャパン/iQフォイル・オール・ジャパン・チャン…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!