01/31
2023
Tue
旧暦:1月10日 仏滅 己 
社会・全般
2014年4月13日(日)9:00

第30回大会まで1週間/トライゲート登場

本番向け準備着々


設置作業が行われるトライゲート=12日、市総合体育館前

設置作業が行われるトライゲート=12日、市総合体育館前

 20日に開催される第30回全日本トライアスロン宮古島大会のまであと1週間。バイク、ランのコースとなっている道路には大会当日の交通規制を知らせる看板が設置されているほか、選手を応援する花も各地で見られるようになってきた。そして12日には市総合体育館前に選手を歓迎する「トライゲート」が登場。本番へ向けた準備が着々と進んでいる。

 今大会には史上最多となる3657人から参加申し込みがあり、選考などの結果、1708人の出場を許可。そのうち現時点では1647人が出場を予定している。

 本番に向け、コースとなっている道路には交通規制が行われることを伝える看板が設置されているほか、住民らがカラフルな花々で選手にエールを送ろうと沿道の花壇に花を植えたり、プランターや鉢植えの花を飾る所も多く見受けられる。大会実行委員会も市役所平良庁舎隣の旧警察署跡地駐車場側面に「アリガトウ 30回」などと市民や参加者に感謝を伝える花文字を作成したり、西原集落入口の三差路付近に花で「ワイドー」と記したフラワーボードを設置している。

 市総合体育館前に設置されたトライゲートには「歓迎ストロングマン」の文字を掲げ、「強人」の来島を歓迎している。

 大会当日に向け、17日から市総合体育館2階で選手登録受付を開始。18日には総合体育館で招待選手共同記者会見や開会式・ワイドーパーティー。19日は宮古島東急リゾートでバイク預託の受付が行われる。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!