01/31
2023
Tue
旧暦:1月10日 仏滅 己 
社会・全般
2014年4月13日(日)9:00

英語力の向上図る/トライ実行委国際部

選手と交流 ジュニアボランティア育成


交流会への招待状を書く国際部ジュニアボランティアのメンバーたち=12日、市総合体育館2階会議室

交流会への招待状を書く国際部ジュニアボランティアのメンバーたち=12日、市総合体育館2階会議室

 宮古島トライアスロン実行委員会国際部では今年、大会が30回の節目を迎えるに当たり、宮古島の中高生からジュニアボランティアを募り、参加外国人選手たちと交流する中で国際感覚や英語力を身に付けさせる人材育成企画を実施。中高生14人が週に2回、英会話の勉強や英語での横断幕作りなどに取り組んでいる。

 今回が初の取り組みとなる国際部ジュニアボランティア事業には宮古高校、北中学校、平良中学校から男女計14人が参加。3月から毎週土・日曜日に市総合体育館2階会議室で、英会話レッスンをはじめ横断幕づくりなどさまざまな作業を行ってきたほか、参加外国人選手とのメール交換も実施してきた。12日には、16日に開かれる外国人招待選手と「チームハワイ」のメンバーを迎えての交流会への招待状を1枚1枚、手書きで書き上げる作業を行った。

 宮古高校から参加している内間健斗君(1年)は「英語が大好きで、将来は英語の関わる仕事をしたいと思っている。ボランティアとして外国人選手と関われる機会はめったにないことと思ったので参加した」と参加理由を説明する。

 今回、ウクライナから参加するビクター・アロシュン選手とメールのやりとりをしている内間君。「宮古について説明するメールを送ったところ、日本に来るのが初めてなのでサポートしてほしいとの返事をもらった。大会当日は、少しでも選手のサポートをすることができればと思う」と抱負を語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!