04/20
2024
Sat
旧暦:3月12日 友引 甲 
産業・経済
2014年4月19日(土)9:00

グリコ「芋人」を発売

宮古島産紫イモ使用


下地市長(右)を表敬した仲持さん(中央)と宮城社長(左)=18日、市長室

下地市長(右)を表敬した仲持さん(中央)と宮城社長(左)=18日、市長室

 国内大手の菓子メーカー「江崎グリコ」(本社・大阪市)が宮古島産の紫イモ「ちゅら恋紅」を使った、かりかり食感のスナック菓子「芋人(いもんちゅ)」を発売した。同社沖縄営業所の仲持正末さんらが日、トライアスロン宮古島大会長の下地敏彦市長を訪ね、「大会に役立てて」と200個(箱)を寄贈した。大手菓子メーカーの宮古島産紫イモの使用は、市が主導するイモ産業化の追い風になりそうだ。

 「芋人」は宮古島発の土産品として、県内限定で販売する。価格は1箱800円。宮古空港ターミナルの売店などで扱っている。

 イモを使った従来の菓子は、紅芋タルトなど半生タイプが多い。グリコは今回、スナックタイプがないことに目を付けて、製品化したという。

 菓子の色は紫で一粒は直径1㌢、高さ1㌢ぐらいの円柱形。ほおばるとイモの香りが口いっぱいに広がる。味はイモの甘さに薄塩味を絶妙に調和させた。

 試食した下地市長は「素晴らしい味。必ずヒットすると思う」と絶賛した。

 「芋人」の原料は①市の委託を受けて「南国食楽Zu」(宮城正明社長)が紫イモのペーストを加工②沖縄製粉が同ペーストを粉末にしてグリコに調達-のルートを通る。

 同席した宮城社長は「沖縄製粉と連携して、グリコにお願いしていたところ、受け入れていただき感謝している。紫イモの販売はこれから伸びていく。今後とも宮古の農業発展のために頑張りたい」と、紫イモの一層の販路拡大に意欲を見せた。

 仲持さんは「原料には宮古島産のいいイモを使っている。トライアスリートの皆さんには、土産に持ち帰り各地に広めていただきたい」と話した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!