02/09
2023
Thu
旧暦:1月19日 先勝 戊 
社会・全般
2014年4月21日(月)9:00

トライの歴史とともに/與儀さん30回連続出場

30回の記念大会では何としてでも完走したいとの思いを強くしたと話した連続出場の与儀さん=20日、市陸上競技場

30回の記念大会では何としてでも完走したいとの思いを強くしたと話した連続出場の与儀さん=20日、市陸上競技場

 1985年の第1回大会から30年連続して出場を続け、見事完走を成し遂げたのは與儀忠文さん(57)だ。宮古島大会の歴史と共に、自らのアスリートとしての歴史を刻み込んだ。「この3年間、いずれもリタイアが続いていたので、この記念大会では何としてでも完走したいとの気持ちが強くあった。その気持ちが前へと走らせた」と話した。

 トライアスロンの毎回出場者であるだけにこの30回大会の感慨もひとしおだ。大会コースが変更された年なども鮮明に記憶に残っているという。

 「ここまでやって来れたのは、当然、周りが応援してくれたお陰だ。記念大会で完走できたことは自らの喜びであると共に、周りへの感謝の思いを込めたレースでもあった」と大会を振り返る。

 大会をここまで運営してきたスタッフにも感謝の気持ちを示し、「記念大会の成功は関係者全員の努力のたまもの。自らが頑張ることによって、大会を盛り上げることができるだろうとの思いもあり、本当に必死の思いだった」と話した。

 「次回大会の出場は考えていない。ここで自らの節目にしたい」と語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2023年2月9日(木)9:00
9:00

島の魅力を子々孫々まで/サスティナブルツーリズム連絡会

宮古観光持続へ「約束」策定/島人、旅人、事業者に協力要請   持続的な宮古島観光の実現を目指し、昨年5月に発足した「宮古島サスティナブルツーリズム連絡会」のガイドライン策定発表記者会見が8日、市役所で行われた。会見では座喜味一幸市長ら関係機関の代表が…

2023年2月9日(木)8:58
8:58

Wサーフィン国際大会が開幕

パリ五輪採用のiQフォイル/前浜で5日間最終日に決勝   2024年パリ五輪に採用されたウインドサーフィン競技「iQフォイルクラス」の国際大会「2023iQフォイルゲームス#1・ミヤコジマ・アイランド・ジャパン/iQフォイル・オール・ジャパン・チャン…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!