06/14
2024
Fri
旧暦:5月8日 赤口 戊 
イベント スポーツ 産業・経済
2010年9月26日(日)9:00

トライ経済効果は3億3600万円/今年の大会

雇用誘発効果38人

3億3600万円の経済効果が試算された第26回トライ大会(資料写真)

3億3600万円の経済効果が試算された第26回トライ大会(資料写真)

 おきぎん経済研究所(那覇市)は24日、今年4月に開催された「第26回全日本トライアスロン宮古島大会の経済効果(試算)」を発表した。直接、間接1次、同2次効果を合わせた経済波及効果(生産誘発額)は前回を3・2%下回る3億3600万円となった。産業別ではサービス業や製造業、商業を中心に波及した。雇用誘発効果は38人。効果は選手や家族、マスコミ、ボランティアら総勢約7100人の参加があったとして試算した。


 直接効果は、宣伝広告費や弁当代などの大会運営費や、選手と家族、マスコミ関係者らの宿泊費、飲食費、遊興費、土産代等からなり、効果額(消費額合計)は約1億9900万円。


 直接効果に伴う原材料の仕入れや中間経費など他産業に波及する間接1次効果は、約8200万円となった。直接、1次効果で生じた雇用者所得が消費に波及する間接2次効果は約5500万円だった。


 直接、1次、2次効果で生み出された各産業の利益を示す付加価値誘発額は、約1億7600万円。これは県内総生産額約3兆6620億円(07年度)の0・005%、宮古島市内純生産額約986億円(年度)の0・18%に相当する。


 経済波及効果の3・2%減は、前回記念大会の参加者増加(前回参加選手1441人、今回1403人)の反動などによると分析している。
 今年のトライ大会は開会式(4月16日)、競技(18日)、表彰式・閉会式(19日)の日程で開催された。


 参加者約7100人の内訳は、選手と家族1800人、マスコミ関係者272人、ボランティアが5000人。出場選手は他府県1146人、県内122人、地元95人、海外40人だった。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!