01/31
2023
Tue
旧暦:1月10日 仏滅 己 
社会・全般
2014年4月23日(水)9:00

献血者数伸び悩み/宮古地区13年

前年より70人減少/血液不足、島外から確保

 宮古地区における2013年の献血者数は1336人となり、前年より70人減少したことが県赤十字血液センターのまとめで分かった。過去10年間では千人台を維持しているものの、横ばい状況で推移している。今年最初の移動献血は5月6日~23日まで行われる。目標は770人。

 宮古地区の献血者数は、91年の2359人をピークに年々減少した。
 2001年には965人と初めて千人を割り込んだ。

 04年からは千人台に回復したものの、13年までは1100人台~1400人台で推移している。
 宮古地区では、島内のみでの血液が確保できておらず、不足分は島外からの供給に頼っているのが現状だ。

 同センターでは「離島では、夜間や台風の時に島外から血液がもらえない場合がある。患者の生命を脅かさないよう、島内で血液の自給自足が図られるようにすることが重要」と話している。

 献血者数の伸び悩みは県全体でも同様で、同センターでは少子高齢化や人口減少などが背景にあると指摘している。

 10代や20代の若い人たちの献血が伸び悩んでいることから同センターでは「若いうちから献血に対する意識を高めさせることが必要。地道な活動が血液の安定供給につながっていく」と話している。

 また、「献血に協力出来る人は健康という証し。自分の健康チェックにも役立ててほしい」と理解と協力を呼び掛けている。

 宮古地区での移動献血は毎年5月と10月の計2回行われており、今年の目標は1533人となっている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!