06/16
2024
Sun
旧暦:5月10日 友引 庚 
教育・文化
2010年5月18日(火)21:30

DVDを全学校へ贈呈/仲村君監督 「島の時間」

完成披露会も実施

「島の時間」DVD完成披露の前にDVDを川上教育長に贈呈する仲村君(左)=16日、シネマパニック宮古島

「島の時間」DVD完成披露の前にDVDを川上教育長に贈呈する仲村君(左)=16日、シネマパニック宮古島

 中学生の映画監督・仲村颯悟君(沖縄東中3年)が、宮古島で撮影した映画「島の時間」のDVDがこのほど完成し16日、シネマパニック宮古島で完成披露が行われた。映画制作に協力した関係者が招かれ、豊かな自然の中で友情を育む子どもたちの姿を描いた感性豊かな作品に見入った。このDVDは市教育委員会を通して市内の全小、中学校などに配布される。仲村君が同日、川上哲也教育長に贈呈した。

 
 DVDは、昨年10月にマティダ市民劇場で行った上映会などの収益金で製作。仲村君の要望で撮影に協力してくれた関係各団体に贈られる。
 完成披露前に上映実行委員会の下地昌伸委員長(シネマパニック宮古島支配人)は、映画をつくるきっかけや撮影でのさまざまなエピソードなどを紹介。「手弁当でたくさんの人たちが協力してくれた」と感謝の言葉を述べた。
 仲村君は「皆さんが協力してくれたので良い作品に仕上がった。ぜひ多くの人たちに見てほしい」と話し、完成したばかりのDVDを贈呈した。
 
 受け取った川上教育長は「宮古の子どもたちがDVDを見て、仲村君に続こうという気持ちになるかも知れない」と完成を共に喜んだ。
 映画「島の時間」は来間島が舞台。青い海や空、サトウキビ畑など豊かな自然の中で伸び伸びと遊ぶ子どもたちを登場させながら友情の大切さを描いた。
 
 仲村君は「協力してくれた宮古の人たちに恩返しをしたかった。これからも沖縄や宮古を題材にした作品を撮り続けていきたい」と話した。次作は、平良西里のガングリユマタの交差点に夜になると出没するといわれる伝説の「片足ピンザ(ヤギの幽霊)」を題材にしたホラー映画を予定。ジュゴンを主題に環境問題を問い掛ける作品もつくりたいと意欲をみせた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!