06/19
2024
Wed
旧暦:5月14日 赤口 甲 
社会・全般
2014年5月30日(金)9:00

14年4月末少年補導 飲酒は増加/市青少年問題協

不良行為、全体数減/市青少年問題協が意見交換


青少年問題について意見交換をした第1回協議会=29日、市平良庁舎

青少年問題について意見交換をした第1回協議会=29日、市平良庁舎

 2014年度市青少年問題協議会(会長・下地敏彦市長)の第1回協議会が29日、市平良庁舎で開催された。協議会に先立ち、長濱政治副市長が同協議会委員14人に下地市長からの委嘱状を交付した。任期は2年。協議会では宮古島署生活安全課少年係長の大城隆警部補が、管内の少年非行概況を説明した。委員は少年非行の実態を踏まえ、健全育成するための社会環境づくりなどで意見交換をした。 宮古島署によると、14年4月末までに不良行為の補導人数は234人(暫定値・延べ人数)で、前年同期と比べ144人減少しているが、飲酒に関しては54人と4人増加している。

 全体的に減少を示しているものの、今年は中学生以下の補導件数は前年同期と比べ、中学生で12、小学生で2、未就学で1人増加した。高校生以上、有職、無職少年の補導は159人の減少を示している。

 これらの現状を受け、意見、情報交換が行われた。会員からは「家庭環境もさまざまなので、どこの地域でも健全育成のために、保護者が子供たちとどのように接し、管理していくかの啓蒙(けいもう)に苦慮している」「少年非行は社会問題として、各組織や地域などが連携して活動しなければならない」「各組織が現在行っている地道な活動も大切」などの意見が出た。

 第2回協議会から解決すべき問題などを議題として提示し、具体的な取り組み、活動などを議論することを確認した。

 会の冒頭、長濱副市長が「島の将来を担い、島に貢献できる人材が育まれるよう力を発揮してほしい」と述べた。

 委嘱を受けたのは次の皆さん。(敬称略)

 【副会長】宮國博(市教育長)【委員】垣花徳亮(市教育委生涯学習部長)▽粟国恒広(市議会議員)▽平良英俊(宮古島警察署長)▽池村康男(市小学校長会)▽宮国敏弘(市中学校長会)▽川満好信(市青少年育成市民会議会長)▽奈良俊一郎(市子ども会育成連絡協議会長)▽友利正治(宮古地区PTA連合会長)▽安慶田昌宏(社会教育委員連絡協議会議長)▽与那覇秀夫(宮古保護区保護司会長)▽野原勝也(宮古島地区少年補導員協議会)▽前川尚誼(宮古島地区防犯協会)▽本永光子(市家庭児童相談委員)


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!