01/28
2023
Sat
旧暦:1月7日 先勝 丙 
社会・全般
2014年9月5日(金)9:00

災害想定し無線活用/沖縄地方非常通信協議会

市とハムクラブが連携


災害の発生を想定し無線を活用して通信手段の確保に努める宮古島ハムクラブのメンバーら=4日、市役所平良庁舎

災害の発生を想定し無線を活用して通信手段の確保に努める宮古島ハムクラブのメンバーら=4日、市役所平良庁舎

 沖縄地方非常通信協議会は4日、宮古島市役所平良庁舎で2014年度非常通信訓練を実施した。市と宮古島ハムクラブ(安谷屋昇会長)が連携し、無線を活用しながら通信が遮断された場合の災害に備えた。

 この訓練は6日の県総合防災訓練の一環。地震発生に伴い、宮古島と沖縄本島を結ぶ光ファイバーが切断され、島外へのすべての情報伝達手段を喪失したことを想定して行われた。

 はじめに、情報伝達の手段を失った宮古島市が宮古島ハムクラブに要請。無線を活用して県災害対策本部に連絡し、衛星携帯電話や連絡用無線機の貸出を手配するよう求めた。

 これを受けて同クラブが日本アマチュア無線連盟県支部に連絡を取って市の要請を伝達。同支部が県災害対策本部とやり取りし、通信手段を確保したとする電文を宮古島市に返答した。

 市と宮古島ハムクラブのメンバーは迅速な動きで対応。各種訓練メニューを正確にこなし、災害時の非常通信に備えていた。

 訓練はきょう5日も行われ、宮古島市の職員が、通信手段として確保された衛星携帯電話と連絡用無線機を下崎ふ頭で受け取る。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!