04/16
2024
Tue
旧暦:3月8日 仏滅 庚 
社会・全般
2014年9月11日(木)9:00

安全な水届けて/みつば保育園

井戸掘り資金に募金


募金を託した子供たちと与那覇局長(手前左)=10日、平良西里郵便局

募金を託した子供たちと与那覇局長(手前左)=10日、平良西里郵便局

 発展途上の国々に安全な水を届けるために井戸を贈る運動を展開しているみつば保育園(島尻末子園長)の園児代表の15人が10日、平良西里郵便局(与那覇寛信局長)を訪ね、園児たちが夏の間に手作りの募金箱で集めた善意の募金3万4627円を「アジア協会アジア友の会」に振り込むよう託した。

 贈呈式では、4歳の園児たちが「お水が無くて困っているお友達のために私たちのお金を届けてください。よろしくお願いします」と大きな声であいさつし、募金を与那覇局長に手渡した。

 募金を受け取った与那覇局長は「皆さんがいろいろなことを我慢して集めた募金はしっかり届けます。皆さんの気持ちは募金を受け取った子供たちにきっと届くと思います」と述べた。

 同園が毎年実施しているこの募金活動は、1984(昭和59)年から始まり、今年で31年目。水が無くて困っている友達が世界にいることに気づき、親子で世界に目を向け、助け合う豊かな心を育てることなどを目的に実施している。

 同園では普段水を使い、水と戯れ、心地よい活動を体験するこの時期に合わせて「渇くアジアと世界に水を!」に賛同して飲み水が無く困っているアジアの友達のために7月22日~8月31日まで募金活動を展開した。

 期間中は、同園の0~4歳までの園児80人が園で作製した募金箱を家庭に持ち帰り、大好きな物を我慢しながら少しずつ募金箱に入れてためてきた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!