01/31
2023
Tue
旧暦:1月10日 仏滅 己 
政治・行政
2014年10月2日(木)9:00

労働災害を防げ/建災防県支部宮古分会

緊急パトロールを実施


建設業労働災害の増加を受けて緊急合同パトロールを実施する関係者=1日、宮古総合実業高校校舎建設現

建設業労働災害の増加を受けて緊急合同パトロールを実施する関係者=1日、宮古総合実業高校校舎建設現

 県内の建設業労働災害が増加していることを受け、建設業労働災害防止協会県支部宮古分会(長田幸夫分会長)は1日、緊急合同パトロールを実施した。市内建設現場に出向き、安全衛生対策が講じられているかどうかを厳しく調べた。

 労基署によると、県内の建設業における休業4日以上の死傷災害は8月末で112件、死亡災害は3件といずれも昨年の発生件数を上回っている。宮古地区でも重機の転倒や階段からの転倒など5件発生、前年のゼロから増加している。

 平良合同庁舎前で行われた出発式で、同分会の長田分会長は「(現場では)人命に関わる危険が常に付きまとう」と指摘。「現場を預かる代理人に対しては技術だけでなく、安全面でも手厚い指導を行うよう呼び掛けたい」と述べた。

 続いて宮古労働基準監督署の南隆功署長が「基本的な安全衛生対策が取られているか等を確認したい。機械設備の安全点検ほか安全作業、基本動作等のヒューマンエラー防止対策、熱中症対策についての点検もお願いする」と述べた。

 この後、宮古総合実業高校校舎建設現場に移動。墜落・転落や建設機械・クレーン等の災害防止対策が取られているかどうかを入念に調べながら安全衛生対策の充実を呼び掛けた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!