01/31
2023
Tue
旧暦:1月10日 仏滅 己 
産業・経済
2014年10月15日(水)9:00

城辺などのサトウキビ かん水、近く実施

一部地域で少雨被害/台風一過、徐塩も狙う


少雨の影響で葉が変色しているサトウキビ=14日、城辺吉野

少雨の影響で葉が変色しているサトウキビ=14日、城辺吉野

 サトウキビの葉が変色するなど少雨被害が確認されている地域へのかん水が近く実施される。当初は14日の開始を予定していたが、台風の接近などで日程を後ろにずらした。開始期日はきょう15日にも決定。決まり次第、大型トラックでのかん水が始まる。干ばつ傾向の解消と徐塩を狙う。

 市によると、少雨被害が出ているのは城辺地区の保良、吉野、仲原、西東、七又、皆福など。平良では狩俣の一部で見られる。

 これらの地域では、葉が緑色から茶色に変色している。特に海岸沿いのほ場の被害が大きく、少雨の影響が顕著に表れている。

 市は6日に干ばつ対策会議を開いて対応を協議。台風の接近を待って14日からかん水を実施することを予定していたが、台風が各地に雨をもたらしたことなどから実施日を変更した。

 ただ、期待されたほどの雨量ではなく、被害地域の干ばつ傾向は解消されていない。加えて台風接近後の徐塩を重視してかん水の準備を進めている。

 宮古島地方は台風の暴風域に巻き込まれることはなかったが、12、13両日は強い風が吹き荒れた。この影響で、被害地域を含む一部のサトウキビの葉は強風でちぎれるなどの被害が出ている。

 製糖工場では、台風による直接的な被害は「大きくない」としているが、徐塩などの対応を各農家に呼び掛けている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!