02/05
2023
Sun
旧暦:1月15日 先負 甲 
イベント 教育・文化
2014年10月15日(水)9:00

けいこの成果披露/宮古民謡協会

第7回芸能祭にぎわう


「池間の主」などを披露する出演者ら=12日、マティダ市民劇場

「池間の主」などを披露する出演者ら=12日、マティダ市民劇場

 「響けみゃーくぬ唄ごころ」をテーマに宮古民謡協会(川満健功会長)主催の第7回芸能祭が12日、マティダ市民劇場で開催された。各民謡研究所が日頃のけいこでレベルアップした歌・三線・太鼓・箏・舞踊などの成果を発表し、観客らを魅了した。

 舞台は、祝儀舞踊「とうがにあやぐ」「大世栄」で華やかに幕開け。観客らは、感動した様子で大きな拍手を送っていた。

 次いで舞踊「伊集早作田」、合唱「豊年の歌」や「なりやまあやぐ」、「池間の主」、「新かぬしゃがまよ」などが繰り広げられた。

 地謡は同協会の師範格が一手に受け、例年以上に観客らを満足させた。

 賛助で出演した久田流家元久田多嘉子舞踊研究所、久田流池間澄舞踊研究所、久田流根間幸子舞踊研究所、久田流澄の会池田千香子舞踊研究所、沖縄宮古民謡協会の関係者らが花を添えた。

 川満会長は「これからも『響けみゃーくぬ唄ごころ』を合言葉に民謡の普及発展に頑張りたい。今後とも宮古民謡協会に対し、温かい支援、指導を賜りたい」と語り、大勢の来場者に感謝の意を表した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!