01/31
2023
Tue
旧暦:1月10日 仏滅 己 
社会・全般
2014年10月17日(金)9:00

可燃性ガスの危険性確認/高圧ガス防災訓練を実施」

アセチレンと酸素の混合ガスは着火と同時に爆音とともに爆発し、容器のビニールは粉々になって飛び散った=16日、市消防本部

アセチレンと酸素の混合ガスは着火と同時に爆音とともに爆発し、容器のビニールは粉々になって飛び散った=16日、市消防本部

 2014年度宮古地区高圧ガス防災訓練(県、県高圧ガス保安協会共催)が16日、市消防本部で実施された。毎年10月に実施される「高圧ガス防災月間」の一環。訓練では高圧ガスの燃焼や混合ガスの爆発力を確認する実験などが行われた。訓練にはLPガスの事業者を中心に高圧ガスを扱う関係者ら約50人が参加した。

 訓練はアセチレンと酸素を半々の割合で混合したガスに着火させた。着火と同時にガスは猛烈な音を立てて爆発し、可燃性ガスなどの危険性を確認した。

 訓練開始前、主催者を代表して、県宮古事務所の安里肇所長は「昨年度の高圧ガス・LPガス事故は人身事故を含め、11件発生しているが、宮古地区での事故発生はない。参加者は実際に災害が起きた時を想定し、初動活動、災害拡散防止、復旧作業などの訓練を通して、非常時の対応に役立ててほしい」とあいさつした。

 訓練は地震発生時にLPガスの充てん所での緊急措置訓練、家庭用LPガスを供給する販売事業者等が各家庭での安全性の点検などを行った。

 さらに緊急措置訓練としてLPガスの容器を積載した車両が横転、容器が路上に散乱し漏れたガスに着火したという想定で訓練を実施した。

 市消防署の上原昭宏署長は「皆さん真剣に取り組んだ。訓練を通して、万が一事故が起きると甚大な被害をもたらす可能性があることを確認した。高圧ガスを扱う事業所は、安全管理をしっかりしていると思うが、『凡事徹底』でさらに、気を引き締めて対応してほしい」と講評した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!