04/12
2024
Fri
旧暦:3月4日 赤口 丙 
スポーツ
2014年10月30日(木)9:00

宮古島でキャンプへ

JR東日本野球部 副市長歓迎


JR東日本の松浦氏(手前右)が長濱副市長にキャンプ地使用を要望した=28日、市平良庁舎

JR東日本の松浦氏(手前右)が長濱副市長にキャンプ地使用を要望した=28日、市平良庁舎

 社会人野球のJR東日本硬式野球部事務局の松浦健介氏が28日、市平良庁舎に長濱政治副市長を訪ね、同野球部の春季キャンプ地として宮古島市の球場を使用させてほしいと要請した。

 要請を受けた長濱副市長は「社会人野球の皆さんが宮古島市でキャンプを行うことをうれしく思う」と述べ、同チームのキャンプを歓迎した。

 今シーズン限りのプロ野球オリックス・バファローズの宮古島春季キャンプ撤退に伴い、市はキャンプ地としてプロ、ノンプロ、大学野球などのチーム来島を望んでいた。

 松浦氏によれば、社会人野球では、沖縄本島を春季キャンプ地として使用している「日通」の仕上がり具合が、他チームと比較してまったく異なり、上々のコンディションを維持しているという。

 今年、JR東日本は米ロサンゼルスで春季キャンプを行ったほか、昨年は沖縄本島でもキャンプを行っている。チームとして定まったキャンプ地を持っておらず、宮古島での春季キャンプを定着させたい意向だ。

 同野球部は東京を本拠地とし、2011年には都市対抗野球で優勝を飾った強豪チーム。昨年のドラフト会議でオリックスから1位指名され入団した吉田一将投手も同チームの出身。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!