01/28
2022
Fri
旧暦:12月26日 先勝 辛 
スポーツ
2014年11月9日(日)9:00

予選リーグで熱戦/本社杯サッカー開幕

きょう3部門で決勝


宮古毎日新聞杯少年サッカーが開幕。初日は計36チームが予選リーグで熱戦を繰り広げた=8日、市城辺総合運動公園

宮古毎日新聞杯少年サッカーが開幕。初日は計36チームが予選リーグで熱戦を繰り広げた=8日、市城辺総合運動公園

 第22回宮古毎日新聞杯全宮古少年サッカー大会(主催・宮古毎日新聞社、主管・宮古サッカー協会)が8日、市城辺総合運動公園で開幕した。初日は低学年、中学年、高学年とも予選リーグを行い、中学年と高学年は4強、低学年は8強が出そろった。きょう9日に各部門の決勝を行う。

 今大会には低学年13、中学年11、高学年の部には12チームがエントリー。約300人の児童が少年サッカー宮古一を目指して熱戦を繰り広げる。

 初日の予選リーグの結果、高学年は平良第一ロッソ、マティダ東FCGANAR、宮古南FC、エスペランサ上野FCが決勝トーナメントに進出。中学年は平良第一コムラード、平良第一カメラート、ESP上野FCアバンテ、下地SCが4強に残った。

 低学年はマティダ東FC2年A、平良第一バイエルン、ラソス久松、マティダ東FC2年B、宮古南FCコンサドーレ、宮古北SC2年、ESP上野FCちっちゃいモン’s、マティダ東FC1年・幼Bが8強。決勝トーナメントで争う。

 試合前の開会式では宮古毎日新聞社の平良覚社長が出場全選手を激励。「目標を高く持って国立競技場でプレーし、ゆくゆくはプロを目指して頑張ってほしい」と活躍を期待した。その上で「日ごろの練習の成果を十分に発揮し、正々堂々と元気よく、けががないようにサッカーを楽しんでください」と述べた。

 宮古サッカー協会の宮国敏弘会長は「少年サッカーを見守ってくれている宮古毎日新聞社をはじめみんなのお父さんやお母さん、支えてくれるすべての人に感謝する大会。思い切り伸び伸びとプレーしよう」と全力プレーを呼び掛けた。

 平良第一FC主将の石川舜平君は選手宣誓を行い、「1試合1試合を楽しみ、チームの心を一つにし、ゴールを目指して全力でプレーすることを誓います」と大きな声で約束した。


カテゴリー新着

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!