05/31
2024
Fri
旧暦:4月23日 友引 甲 
政治・行政
2014年11月20日(木)9:00

子育て支援関連条例を可決/市議会臨時会

来年度から実施/一般会計補正2億6430万円


国の「子ども・子育て支援新制度」施行により、市も新たな条例を制定する必要があることから、関連3条例案を審議した臨時会=19日、市議会

国の「子ども・子育て支援新制度」施行により、市も新たな条例を制定する必要があることから、関連3条例案を審議した臨時会=19日、市議会

 市議会(真栄城徳彦議長)の臨時会が19日開かれ、下地敏彦市長から提案のあった一般会計補正予算案2億6430万4000円を含む14議案について審議した。市執行部提出の14件はいずれも全会一致、または賛成多数で可決した。

 今臨時会に提出された議案のうち条例案では、国の「子ども・子育て支援新制度」(2015年度から実施)に伴う「市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例」「市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例」「市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例」の新条例3案について集中的に審議が行われた。

 同制度の施行により、これまで市の補助対象となっていた学童保育施設に対し補助金が給付されなくなる代わり、「家庭的保育事業」「小規模保育事業(A~C型)」「居宅訪問型保育事業」「事業所内保育事業」に類型分けして、規模別に預かり保育などが行われる。

 とりわけ幼稚園児に当たる5歳児保育の扱いが大きく変わることから、市町村は、その地域事情を勘案した上で、支援計画を策定することになっている。

 市議会野党の新城元吉氏、亀濱玲子氏、上里樹氏らは「子育てや児童福祉に係る重要案件であるため、本来なら市民にパブリックコメントを求めるなどして、議会が責任を持って定例会の委員会で十分に審議すべき事案だ。臨時会で決めるものではない」などとして、同条例案に反対することを訴えた。

 これに答弁した譜久村基嗣福祉部長は、国の制度変更で条例施行を急ぐ必要があることなどを説明し、3条例については、「予算的な措置や周知なども勘案した場合、12月定例会での審議では遅くなってしまうと判断した。宮古の地域事情に合った詳細な支援計画については現在、市子ども・子育て会議で審議が行われている」と述べ、23日に保護者を対象にした説明会を開催することなどを説明した。

 また、宮國博教育長は幼稚園児の午後の預かり保育については現在、下地幼稚園、鏡原幼稚園で行われている午後の預かり保育の形態を、他の公立幼稚園においても順次、実施していくことを説明した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!