01/23
2022
Sun
旧暦:12月21日 友引 丙 
政治・行政 社会・全般
2014年11月22日(土)9:00

テリハボクなど1700本補植

関係者100人余りが作業


モクタチバナなど約1700本を補植する参加者ら=21日、城辺西東地区防風林帯

モクタチバナなど約1700本を補植する参加者ら=21日、城辺西東地区防風林帯

2014年度宮古島市「防風林の日」関連行事(主催・同実行委員会)が21日、城辺西東地区防風林帯で行われ、関係者ら100人余りが、約1700本を補植した。

 苗木は市みどり推進課が無償提供したブッソウゲ、モクタチバナ、テリハボクとヤブツバキの4種類。参加者は長さ350㍍、幅10㍍の植栽帯に手際よく苗を補植した。

 作業に先立つ開会式で宮古農林水産振興センター農林水産整備課の真境名達怡(まじきな たつよし)課長が「県は毎年11月第4木曜日を防風林の日と定めている。その一環として、これから苗木を補植してもらうが、苗木が活着し、すくすく伸びて、立派な防風林帯が形成できることを期待している。けがや事故に気をつけて作業してほしい」とあいさつした。

 この地区には防風林としてテリハボクが約3500本植えられていたが、その半分が塩害などで枯死したため、今回の補植となった。


カテゴリー新着

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!