05/21
2024
Tue
旧暦:4月13日 仏滅 甲 小満
教育・文化
2014年12月2日(火)9:00

歌と演奏で観客魅了/市民総合文化祭・音楽祭

19団体245人が出演


オープニングを飾った金管合奏団「響」は「せきれいの尾」を演奏した=11月30日、マティダ市民劇場

オープニングを飾った金管合奏団「響」は「せきれいの尾」を演奏した=11月30日、マティダ市民劇場

 第9回宮古島市民総合文化祭音楽祭高校・一般の部(主催・市、市教育委、市文化協会)が11月30日、マティダ市民劇場で開催され、19団体・個人245人が合奏や独唱、合唱など日ごろの練習の成果を披露した。


 主催者あいさつで市文化協会の大城裕子会長は「響和楽器社長で音楽部会の事務局長として頑張ってくれた伊良波篤徳さんが先日亡くなった。伊良波さんはきょうも会場のどこかで見守ってくれていると思うので追悼の意味でもこの音楽祭を素晴らしいものにしたい」と述べた。

 音楽祭は、金管合奏団「響」の「せきれいの尾」で幕開けし、宮古フロイデ合唱団、城辺女声コーラスすなかぎ、女声コーラスポップなどの合唱やクラシックギター、オカリナの独奏などが行われ、会場に詰め掛けた市民を楽しませた。

 会場詰め掛けた市民は、音楽の魅力を歌や演奏を通して発表する出演者に大きな拍手を送っていた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!