09/26
2022
Mon
旧暦:9月1日 先負 壬 
スポーツ
2014年12月29日(月)9:00

佐良浜クラブが優勝/県小学生バレー

攻撃力生かし連覇/女子は平敷屋クラブ制す


男子の部で大会連覇を飾った佐良浜クラブのメンバー=28日、市総合体育館

男子の部で大会連覇を飾った佐良浜クラブのメンバー=28日、市総合体育館

 りゅうぎんカップ第37回県小学生バレーボール大会IN宮古島は28日、宮古島市総合体育館で男女の決勝を行い、男子は地元の佐良浜クラブが優勝して大会連覇を達成した。佐良浜は県内屈指の攻撃力を生かして頂点に上り詰めた。同じく地元の鏡原あかうんは3位に入賞した。女子の部は平敷屋クラブが制した。


女子の部を制した平敷屋クラブのメンバー

女子の部を制した平敷屋クラブのメンバー

 男子の部で優勝した佐良浜は準々決勝で坂田にストレート勝ち。続く準決勝ではさつきと対戦し、ここでも2-0で勝利した。

 決勝は準決勝で鏡原あかうんを破った勝連クラブと対戦。第1セットは21-18で奪ったが、第2セットはサーブカットのミスが目立ち17-21で落とした。サーブやスパイクも乱れた。

 後がない状況だったが最終の第3セットは本来の佐良浜バレーが戻った。前のセットを取って勢いに乗る勝連の攻撃を落ち着いてしのぎ、レフトの上原奏(そう)を中心とする攻撃で得点を重ねた。結果、15-10で取って優勝を決めた。

 佐良浜の連覇達成で、この大会における宮古勢の連勝は「4」に伸びた。佐良浜の與座清隆監督は「子供たちを信じて思い切りプレーをさせた。連覇を達成できて良かった」と話した。

 女子はこの日3回戦から行われた。平敷屋は3回戦の安慶田をフルセットの末に下すと準々決勝、準決勝はストレート勝ち。決勝は坂田と対戦して2セットを連取、出場全84チームの頂点に立った。

 主将の池味菜穂は「自分たちのバレーがしっかりできたことが勝因。私たち6年生にとっては最後の大きな大会なので優勝できてうれしい」と喜びを話した。

 27日に開幕した宮古島大会には男子25、女子84の計109チームが出場。選手たちは日ごろの練習の成果を発揮して2日間にわたり熱戦を繰り広げた。最終日の結果は次の通り。

 ▼男子
 【準々決勝】佐良浜2-0坂田▽さつき2-1とよみ▽鏡原2-0大名▽勝連2-0伊平屋
 【準決勝】佐良浜2-0さつき▽勝連2-0鏡原
 【決勝】佐良浜2(21-18、17-21、15-10)1勝連
 優勝=佐良浜クラブ▽準優勝=勝連クラブ▽3位=鏡原あかうん、さつきスピリッツ

 ▼女子
 【3回戦】坂田2-0宮里▽長嶺2-0大名▽東江2-1当山▽田場2-0美東▽平敷屋2-1安慶田▽勝連2-0豊崎▽銘苅2-1西原東▽西原南2-0津覇
 【準々決勝】坂田2-0長嶺▽東江2-1田場▽平敷屋2-0勝連▽銘苅2-1西原南
 【準決勝】坂田2-0東江▽平敷屋2-0銘苅
 【決勝】平敷屋2(21-15、21-15)0坂田
 優勝=平敷屋クラブ▽準優勝=坂田クラブ▽3位=ゆい銘苅、東江クラブ


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月22日(木)8:56
8:56

空の日イベント開催/下地島空港で11月に

参加者を募集   下地島空港・空の日イベント2022が11月6日に同空港で開催される。下地島エアポートマネジメントとスカイマーク、PDエアロスペースが合同で開催。滑走路を歩くなどの3コースで計100人の参加者を募集している。対象はいずれも小学生以上で…

2022年9月21日(水)8:57
8:57

宮古島夏まつり中止に/実行委

県の行動制限要請を考慮   宮古島夏まつり実行委員会(会長・下地義治宮古島商工会議所会頭)は20日、24日に予定していた2022宮古島夏まつりを中止すると決めた。県が新型コロナウイルス感染防止対策で30日までを「社会経済活動を継続しながら医療を守るた…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!