12/06
2022
Tue
旧暦:11月13日 大安 癸 
産業・経済
2015年1月5日(月)9:00

きょうから製糖操業/宮糖多良間

生産見込み量は2万1000㌧


製糖操業に備えてキビ刈りが始まっている=4日、多良間島

製糖操業に備えてキビ刈りが始まっている=4日、多良間島

 宮古製糖多良間工場の2014-15年期サトウキビ製糖操業がきょう5日から始まる。今期の生産量は約2万1000㌧を見込んでいる。操業開始式は午後1時を予定している。

 宮糖多良間工場の生産見込み量は前期並みで、高品質取引が期待されている。

 前期の実績は原料(サトウキビ)搬入量が2万1221㌧。平均糖度は13・7度だった。1㌧当たりの農家平均手取額は2万1587円で、前の年の実績を33円上回る取引だった。

 多良間島では4日、生産農家が刈り取り作業に精を出し、翌日に控えた製糖操業に備えていた。
 操業を前に宮古製糖の安村勇社長は「日本一の製品を製造して農家の努力に応えたい。無事故無災害の操業に徹する」と述べた。

 宮古製糖は、昨年12月11日から伊良部工場の製糖操業を開始している。操業1週間の搬入概況によると平均糖度は14・99度と高品質取引を維持している。7日には最も取扱量が多い城辺工場を稼動させる予定。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!