04/20
2024
Sat
旧暦:3月12日 友引 甲 
産業・経済
2015年1月5日(月)9:00

きょうから製糖操業/宮糖多良間

生産見込み量は2万1000㌧


製糖操業に備えてキビ刈りが始まっている=4日、多良間島

製糖操業に備えてキビ刈りが始まっている=4日、多良間島

 宮古製糖多良間工場の2014-15年期サトウキビ製糖操業がきょう5日から始まる。今期の生産量は約2万1000㌧を見込んでいる。操業開始式は午後1時を予定している。

 宮糖多良間工場の生産見込み量は前期並みで、高品質取引が期待されている。

 前期の実績は原料(サトウキビ)搬入量が2万1221㌧。平均糖度は13・7度だった。1㌧当たりの農家平均手取額は2万1587円で、前の年の実績を33円上回る取引だった。

 多良間島では4日、生産農家が刈り取り作業に精を出し、翌日に控えた製糖操業に備えていた。
 操業を前に宮古製糖の安村勇社長は「日本一の製品を製造して農家の努力に応えたい。無事故無災害の操業に徹する」と述べた。

 宮古製糖は、昨年12月11日から伊良部工場の製糖操業を開始している。操業1週間の搬入概況によると平均糖度は14・99度と高品質取引を維持している。7日には最も取扱量が多い城辺工場を稼動させる予定。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!