05/28
2024
Tue
旧暦:4月20日 大安 辛 
スポーツ
2015年1月10日(土)9:00

日清陸上部が合宿入り

佐藤悠基選手ら/東京マラソンに照準


宮古島合宿のため来島した日清食品グループ陸上部の(左から)諏訪コーチ、石政トレーナー、佐藤選手。宮古島東急リゾートの伊庭勝彦販売促進部支配人(右から2人目)らが歓迎した=9日、宮古空港ロビー

宮古島合宿のため来島した日清食品グループ陸上部の(左から)諏訪コーチ、石政トレーナー、佐藤選手。宮古島東急リゾートの伊庭勝彦販売促進部支配人(右から2人目)らが歓迎した=9日、宮古空港ロビー

 1日の全日本実業団駅伝で3位に入った日清食品グループ陸上競技部の佐藤悠基選手らが9日、宮古島合宿のため来島した。ほか5選手も順次宮古入りし、温暖な気候の中で走り込み中心のトレーニングを行う。

 日清食品グループの宮古島合宿は昨年に続いて2回目。今後、白水昭興監督のほか、佐々木寛文、元村大地、渡邊和也、矢澤曜、村澤明伸選手らが来島する。

 9日には佐藤選手と諏訪利成コーチ、石政克郎トレーナーが来島し、宿泊先スタッフの歓迎を受けた。

 キャプテンの佐藤選手は日本を代表する実力者。2012年のロンドンオリンピックでは5000㍍と1万㍍の日本代表、翌13年の世界選手権にも両種目に出場した。ベスト記録は5000㍍が13分13秒6、1万㍍は27分38秒25。

 今合宿では、来月22日の東京マラソンに照準を合わせてトレーニングに励む。

 諏訪コーチは宮古島での合宿について「温暖な気候だし練習コースが起伏に富んでいる。車も少なくて最適な環境」と話した。

 合宿は28日まで。期間中は主に海岸線で走り込みを行うが、陸上競技場での練習も予定している。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!