05/28
2024
Tue
旧暦:4月21日 赤口 壬 
社会・全般
2015年1月31日(土)9:00

大橋開通記念切手を発売/日本郵便

市長と写真協会に贈呈


古謝局長(前列左)からフレーム切手の贈呈を受けた下地市長(同左から2人目)と翁長会長(同右から2人目)=30日、市役所平良庁舎

古謝局長(前列左)からフレーム切手の贈呈を受けた下地市長(同左から2人目)と翁長会長(同右から2人目)=30日、市役所平良庁舎

 日本郵便沖縄支社は、伊良部大橋開通記念オリジナルフレーム切手を30日から発売。それを記念し、日本郵便沖縄宮古部会(部会長・古謝進城辺郵便局長)は同日、下地敏彦市長と切手デザインに使用した写真を提供した宮古写真協会の翁長靖夫会長に同フレーム切手を贈呈した。

 同フレーム切手は、大橋主航路部を大型クレーンで設置する様子や工事中の大橋と美しい自然を絡めた写真10点を使用した82円切手10枚が1セットとなっている。

 シートは2000枚作成され、そのうち1000枚は市が購入し、きょう31日に開催される開通記念式典出席者へ記念品として配布。残る1000枚を宮古島市と多良間村内の郵便局限定で販売する。価格は1シート1230円。

 贈呈式は市役所平良庁舎で開かれ、古謝局長が「今回のフレーム切手作成に当たっては宮古島市、宮古写真協会に協力いただき感謝している」などとして下地市長と翁長会長に手渡した。

 下地市長は「素晴らしい切手が発売されうれしく思う。この切手を使って宮古島を発信してもらえるとありがたい」、翁長会長は「今回、依頼されたのはシャッターチャンス。そんなチャンスに巡り合わせてもらい喜んでいる。多くの人が記念に持っていてほしい」とそれぞれ語った。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!