12/10
2022
Sat
旧暦:11月17日 先負 丁 
政治・行政
2015年2月13日(金)9:00

与那覇地区 防災センターが完成

津波発生時に備え/3階建て、備蓄室も整備


ほぼ完成した与那覇地区防災センター=12日、下地与那覇

ほぼ完成した与那覇地区防災センター=12日、下地与那覇

 津波の発生に備えた避難施設として、市(下地敏彦市長)が海抜の低い下地与那覇地区の与那覇公民館跡地で建設を進めていた「与那覇地区防災センター」が、ほぼ完成した。市では、初めて建設された施設で、今後伊良部島と池間島でも建設する。

 東日本大震災の教訓から、地震発生時における低地の津波対策が急がれている。同センターは、地域住民の安全施設として活用される。

 同地の海抜は3・4㍍で、地域周辺は海抜3㍍程度の低地。

 市は、沖縄振興特別推進交付金(一括交付金)約1億4000万円を投じて整備。鉄筋コンクリート造りの3階建てで高さ11・35㍍。建築面積316・24平方㍍。

 外観には「早めのひなんで安心を」「避難ステージ海抜7・9m」「避難ステージ11・5m」という文字が大書されている。1階から3階までをスロープで移動可能な構造となっている。

 備蓄室には、非常時に使用するラジオ、カセットコンロ、カセットボンベ、毛布、誘導灯、応急処置セットを常置する。

 同センター周辺では環境整備が急ピッチで進められており、完成後は地域住民に快適な環境として利用される。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!