04/19
2024
Fri
旧暦:3月10日 赤口 壬 
教育・文化
2015年2月14日(土)9:00

最高は宮総実フードクリエイト1.13倍/宮古地区

宮高理数科は1.05倍/県立高校入試初回志願状況


15年度県立高校最終志願者

15年度県立高校最終志願者

 【那覇支社】県教育庁(諸見里明教育長)は13日、2015年度県立高校一般入試の初回志願状況を発表した。宮古地区4校のうち、2校4学科で定員数を上回った。志願倍率が最も高かったのは宮古総合実業食と環境科フードクリエイトコースの1.13倍で、一般入学定員16人に対し、18人が志願した。宮高理数科は1.05倍で、推薦入学内定者24人を除いた一般入試の定員56人に対し、59人が志願した。一般入試の学力試験は来月10、11の両日に実施される。

 このほか、定員数を上回ったのは宮総実の生物生産科と生活福祉科。生物生産科は1.09倍で推薦入学内定者5人を除く一般入試定員35人に対し、38人が志願。また、生活福祉科は1.08倍で推薦入学内定者3人を除く一般入試定員37人に対し、40人が志願した。

 県立高校全体の志願倍率は全日制が0.99倍(前年度と同じ)、定時制が0.60倍(同0.07ポイント減)で、全日、定時を合わせた全体の倍率は0.97倍(同0.01ポイント減)となった。志願倍率が最も高かったのは北部農林生活科学科の3.04倍で、次いで沖縄工業建築科の2.17倍だった。

 志願変更の申し出期間は18、19の両日。また願書取り下げと再出願期間は25、26の両日に行われる。いずれも入学志願締め切りの結果、志願者が定員を超えた学科(倍率が1.00倍以上)に出願した者は出願先の高校、学科、コースを変更することができる。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!