06/13
2024
Thu
旧暦:5月7日 大安 丁 
教育・文化
2015年3月13日(金)9:00

個に応じた支援を/市立教育研究所

濱川さんらが研究結果報告


まてぃだ教室の運営および成果と課題を報告する濱川貴美子さん=12日、市中央公民館

まてぃだ教室の運営および成果と課題を報告する濱川貴美子さん=12日、市中央公民館

 宮古島市立教育研究所の2014年度後期研究教員による教育研究報告会が12日午後、市中央公民館で開かれた。適応指導教室「まてぃだ教室」の指導教諭の濱川貴美子さんは自己肯定感を育む支援のあり方を研究。コミュニケーション力を高める個に応じた支援アプローチによって心を開いていく生徒たちの変容を成果の一つに挙げた。

 この日の報告は、濱川さんのほか下地小教諭の大庭優子さん、平良中教諭の砂川恵さんが行った。

 児童生徒の支援及び教育相談に当たるまてぃだ教室の濱川さんは、教室を利用する個々の児童生徒が抱える問題はさまざまとしながらも、根本には「自己肯定感や自己有用感の欠如が関連している」と分析。これらの現状を踏まえ、個に応じた支援の工夫やコミュニケーション力を高める体験活動等を取り入れた教室運営について報告した。

 研究の全体構想として▽通室児童生徒の実態把握▽居場所づくり▽信頼感の構築▽支援方法の確立▽安心感とやる気の回復▽自分の良さや可能性に気付く-という流れを説明。この過程に合わせてボランティア活動やスポーツ体験、野外活動など個に応じた支援を実施することで児童生徒が自己肯定感を向上させるという指導成果を描いた。

 これらの研究の成果として①児童生徒個々の課題に目を向け、意識して体験活動や言葉かけの工夫をすることで自己肯定感を高めることができた②職場体験や修学旅行に参加できた③受け入れ当初は他者とかかわれなかった生徒たちが、コミュニケーションを取る努力をするようになった④生徒9人中、2人が学校に復帰し3人が登校にチャレンジした-などを挙げた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!