05/29
2024
Wed
旧暦:4月22日 先勝 癸 
社会・全般
2015年3月15日(日)9:00

被災地へ想い届け/復興支援プロジェクト

500本のキャンドルで表現


約500本のキャンドルで「想」を文字を表現した=14日、平良のカママ嶺公園

約500本のキャンドルで「想」を文字を表現した=14日、平良のカママ嶺公園

 東日本大震災復興支援プロジェクトが14日午後、カママ嶺公園で行われた。多くの市民が参加し、500本のキャンドルで「想」の文字を表現。今もなお震災の爪痕を残す被災地へ思いをはせ、復興支援の誓いを新たにした。

 「I LOVE 東北プロジェクト『想いよ届け!東北の地へ』」-。日本青年会議所沖縄地区協議会がこう銘打って県内6カ所で実施した。各地でキャンドルを灯し、被災地へ贈る応援メッセージを漢字1文字で表現する試みだ。

 11日には那覇市、南風原町、石垣市で実施。14日はメーン会場である沖縄こどもの国と、宮古島市、名護市で開催した。

 宮古島市の開始セレモニーでは、宮古青年会議所の神里裕哉理事長が「被災地では今も多くの人が復興に向けて頑張っている。ここ宮古島でキャンドルの火を灯してエールを送ろう」と呼び掛け。沖縄地区協議会の中尾忠筰副会長は「被災地への想いをずっと忘れず持ち続けたい」と話した。

 この後キャンドル500本を点灯し「想」の文字を浮かび上がらせた。参加者はゆらゆらと揺れるキャンドルの火を見つめながら4年前を思い起こし、未曾有の大震災を風化させない決意を新たにした。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!