12/07
2022
Wed
旧暦:11月14日 赤口 甲 大雪
産業・経済
2015年3月19日(木)9:00

搬入時間の延長を/きび組合が沖糖に要請

沖糖の砂川専務(左)に要請書を手渡す平良地区さとうきび生産組合の砂川栄組合長=18日、沖縄製糖宮古工場

沖糖の砂川専務(左)に要請書を手渡す平良地区さとうきび生産組合の砂川栄組合長=18日、沖縄製糖宮古工場

 平良、城辺、下地の各地区さとうきび生産組合など関係団体が18日午後、沖縄製糖宮古工場に砂川玄悠専務を訪ね、サトウキビの搬入時間の延長に関する要請を行った。現行午後4時までの搬入時間を同5時30分まで延ばすよう訴えた。砂川専務は時間の有効活用を強調し、現行の搬入時間に対する理解を求めた。

 要請したのは3地区のきび生産組合と地区さとうきび管理組合、地区ハーベスター運営協議会の5団体。

 現行の午後4時までとする搬入時間では、原料の運搬やハーベスターの刈り取りにかかる時間が制約されていると主張。「時間に追われ、原料取りこぼしが増える傾向にある。今後、労働環境が悪化し、激務が続くと不測の事態の発生が予想される」とし、搬入時間の延長を求めた。

 これに砂川専務は「搬入時間は、いろいろな面から考慮した結果」と述べ、時間の有効活用をメリットに挙げた。その上でキビを積むトラックの搬入台数が1日平均300台、午後3時以降は17台しか入らないとする状況を示し、現行時間設定への理解を求めた。

 時間に追われ、運転者が交通ルールに違反してしまうとする懸念には「間に合わないのであれば運搬車を振り分ける。それで解消されると思う」と答えた。

 作業の時間的制約や原料の取りこぼしといった指摘に対しては「1日の作業というのは自前で段取りしてやるもの」などと述べ、時間の効率利用を促した。

 この件に関しては18日の市議会一般質問でも取り上げられた。延長を求める声に市農水部は「トラックの運搬時間やハーベスターの収穫作業の安全面からも時間の延長について関係機関と調整したい」とした。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!