02/03
2023
Fri
旧暦:1月13日 先勝 壬 
社会・全般
2015年3月29日(日)9:00

前浜ビーチを美しく/150人がごみ集める

海びらき前に清掃活動


清掃活動でごみを拾い集めた参加者たち=28日、与那覇前浜ビーチ

清掃活動でごみを拾い集めた参加者たち=28日、与那覇前浜ビーチ

 「第37回サンゴの楽園未来まで 集まれ 遊ぼう 宮古島の海びらき」が一週間後の4月5日に開催される与那覇前浜ビーチの美しさを、イベント当日の来場者により実感してもらうための清掃活動(主催・宮古島観光協会、主管・同協会青年部)が28日に同ビーチで行われた。市民ら約150人が参加し、ビーチのごみを拾い集めた。

 この清掃活動は、「宮古島の海びらき」前に毎年、実施されているもので、今年も趣旨に賛同した多くの市民が参加。家族連れや友人同士、職場の同僚などのグループも多く見られた。

 観光協会青年部の石原雄部長は参加者に「来週にはここで海開きが開催される。宮古島が世界に誇るビーチをきれいにしてもらい、海への感謝を忘れず、ごみを拾ってほしい」と呼び掛けた。

 清掃活動では参加者たちがビーチの来間大橋側と宮古島東急リゾート側、駐車場周辺に分かれ、流木や発泡スチロール、空き缶、空き瓶など落ちているごみを手作業で拾い集めた。

 職場の職員一同で参加した新垣太輔さん(29)は「参加者があまりいないのかと思って来たが、たくさんいて驚いた。みんな海を守りたいという思いがあるのだと感じた。ごみは思っていたほど多くなかった」と感想を語った。

 海開きを運営する海族まつり企画運営委員会の高木洋委員長は「たくさんの人に集まってもらいうれしい。海びらきへの感心の高さを感じた。きれいなビーチをよりきれいにすることで、環境について考えるきっかけになるとうれしい」との考えを示した。

 参加者のうち希望者100人にNPO美ぎ島宮古島から、トライアスロンチーム「K-NEXT」の協力で作成した、海の保全を呼び掛けるTシャツがプレゼントされた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!