06/22
2024
Sat
旧暦:5月16日 友引 丙 夏至
スポーツ
2015年4月4日(土)9:00

宮古島からの応援に感謝/宮高野球部帰島

「夏は優勝狙う」と決意


準優勝し、空港で歓迎を受ける宮高野球部=3日、宮古空港

準優勝し、空港で歓迎を受ける宮高野球部=3日、宮古空港

 第62回県高校野球春季大会で準優勝した、宮古高校野球部(藤井智監督)が3日、帰島し宮古空港で報告会が行われた。部員らが到着ロビーに姿を見せると、同校の職員や保護者だけでなく、ロビーにいた出迎えの人たちから「おめでとう」の声と共に、拍手が沸いた。

 藤井監督は「保護者や関係者の皆さんのおかげで、ここまで戦えたと思う。優勝旗は夏に取りに帰ろうと選手たちは決意しているので、温かく応援をしてほしい」とあいさつした。

 下地秀一郎主将は「これまで1回戦敗退が多かった。今大会で準優勝できてとてもうれしい。これも宮古島の皆さんの応援のおかげ。負けていても皆さんの応援を背に、しっかりと戦うことができた。しっかりとまた鍛え直して、夏は優勝旗を持って帰れるように頑張りたい」と述べた。

 本村博之校長は「準優勝おめでとう。皆さん一回り大きくなったと感じる。冬場の地道な練習の結果が準優勝に結びついたと思う」とたたえた。

 藤井監督は「選手たちは一戦一戦成長してくれていると感じた。投手の松川竜之丞がしっかり投げてくれていたので、守備からリズムをとって、確実にチャンスをものにできた。決勝では興南先発の比屋根を打ち崩せなかった。打撃面を向上させることが今後の課題。選手は精神的にも成長できた大会だと思う」と振り返った。

 投手の松川は「決勝で、みんなから見たら連投の疲れは見えていたかも知れないが、自分では疲れはあまりなかった。気持ちは少し負けていたかも知れないので、夏に向けて気持ちの強さと、体力を鍛え直したい」と力強く話した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!