04/18
2024
Thu
旧暦:3月10日 赤口 壬 
産業・経済
2015年4月11日(土)9:00

6月上旬に供用開始/くし型浮き桟橋

総事業費3億5千万円/荷川取漁港


6月上旬に供用開始が予定されているくし型浮き桟橋=10日、荷川取漁港

6月上旬に供用開始が予定されているくし型浮き桟橋=10日、荷川取漁港

 宮古農林水産振興センター(安里和政所長)が荷川取漁港で整備を進めているくし型浮き桟橋の供用開始は6月上旬を予定している。開始以降、水産振興の寄与が期待されている。

 水産生産基盤整備事業で整備中。総事業は約3億5000万円で国9割、県1割負担。

 岸壁側と外側に鋼管くいを計18本打ち込んで固定し、補助桟橋を一定の間隔で10基設置している。1基の両側に1隻ずつの係留を計画しており、10基には合わせて20隻が係留することになる。

 浮体をくし状に並べていることから、一般的にくし型浮き桟橋とよばれている。1基の長さが14・5㍍、幅1・5㍍。浮体は発泡スチロールをウレタン樹脂でコーティングし、表面は人工木材で仕上げている。

 くし型浮き桟橋の大きなメリットは、潮位に関係なく乗船・下船が容易、船舶作業の効率化・迅速化ーなどが挙げられる。

 漁船の所有者の中には、はしごを使って乗船・下船したりしている人もいる。しかし、くし型浮き桟橋が供用開始されるとはしごは使わなくて済む。両サイドに連絡橋が1基ずつ取り付けられ、その間にアルミ製階段2基が設置されている。

 宮古島漁協の組合員の1人は「漁船の係留が簡単になるので、6月上旬以降の利用が楽しみである。これまで以上に船の安全が向上する」と語った。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!