07/01
2022
Fri
旧暦:6月3日 友引 乙 
環境・エコ
2015年4月15日(水)9:00

民間メガソーラー発電稼働/平良西原

総発電量約220万㌔㍗/テープカットで完成祝う


完成を祝しテープカットを行う金森社長(中央)ら関係者=14日、平良西原

完成を祝しテープカットを行う金森社長(中央)ら関係者=14日、平良西原

 市平良西原の中間処分場跡地約4万8400平方㍍の敷地にこのほど、総発電量予測約220万㌔㍗の民間メガソーラー発電所「宮古島ちゃんとした発電所」が完成し、稼働を始めた。その竣工式が14日、同所で開かれ、関係者らがテープカットなどで設備の完成を祝った。



 同事業の事業主は東京に本社を置く金森実業の金森重樹社長。金森社長が東日本大震災による原子力発電所事故の影響で一時、東京から岡山に避難していた経験などを踏まえ、クリーンエネルギー事業に関心を持っていたところ、宮古島に良い場所があるとの情報を得て、今回のメガソーラー発電所設置が実現。用地を買い取って2014年12月に着工し、250㍗の太陽電池モジュール8000枚で総出力は2000㌔㍗、総発電量予測は一般家庭611世帯分に当たる約220万㌔㍗という、個人による太陽光発電では宮古島最大規模のメガソーラー発電所が3月30日に完成した。


 発電した電気はすべて沖縄電力に売電されていて、完成時からすでに売電を行っている。同社では、化石燃料に変わって同発電所で発電された電気が使用されることで、年間約1452㌧の二酸化炭素削減を見込んでいる。


 金森社長は「台風の影響を受けにくい作りになっている。メンテナンスを地元業者にお願いすることなどで、地元貢献もしていきたい」と語った。


 竣工式では、神事で場を清めた後、完成を祝して関係者らによるテープカットが行われた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!