11/30
2022
Wed
旧暦:11月7日 大安 丁 
スポーツ
2015年4月19日(日)9:00

ワイドー大賞に下地中/トライ応援幕コン

2年連続/伊良部大橋に笑顔


2年連続で「ワイドー大賞」に選ばれた下地中の作品

2年連続で「ワイドー大賞」に選ばれた下地中の作品

 宮古島トライアスロン実行委員会は18日、第31回全日本トライアスロン宮古島大会応援幕コンテストの入賞作品を発表した。最優秀となる「ワイドー大賞」には、下地中学校が2年連続で輝いた。審査員からは「開通したばかりの伊良部大橋を中心に楽しさが伝わるデザイン。色彩のバランス共に満場一致だった」と高い評価を受けた。

 同コンテストは、過酷なレースに挑む選手を励ます応援幕の出来栄えを審査、表彰することで大会を盛り上げることが狙い。

 コンテストを主管する宮古写真協会(翁長靖夫会長)の会員らが島内を回って審査した。今回は225点が対象だった。入賞者の表彰式は25日開催予定の「ボランティア感謝の集い」の中で行われる。

 【審査講評】今回は2年連続で下地中学校がワイドー大賞となりました。応援幕の掲示数は昨年261作品から225作品と大幅に減少となっており、常連の方が出場しないことも影響したと思われます。

 ワイドー大賞の下地中学校は満場一致でしたが、準ワイドー大賞以下の作品は非常に拮抗(きっこう)した審査となりました。

 また、今回から伊良部島が競技コースとなりますが、バイクコースとしては多くの応援幕が掲示されており、島民の期待感にあふれています。さらに伊良部島は自治会単位の応援幕が多かったのが印象的でした。

 危惧する面としては、学校など少子化の影響か掲示が少なくなっているように感じます。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!