12/10
2022
Sat
旧暦:11月17日 先負 丁 
産業・経済 社会・全般
2015年4月24日(金)9:00

総事業費74億円超/宮古製糖多良間工場

新工場建設で住民説明会


住民に分かりやすく周知を図った説明会=22日、村コミュニティー施設

住民に分かりやすく周知を図った説明会=22日、村コミュニティー施設

 多良間村(伊良皆光夫村長)は22日夕、村コミュニティー施設で宮古製糖多良間工場の新工場建設に向けての住民説明会を開いた。村が事業主体となり、今年度から2年間かけて建設に着手することから、住民に対し広く周知を図った。住民らは、島の基幹産業であるサトウキビのさらなる振興・発展に期待を寄せていた。

 事業計画概要によると、事業名は二つあり、一つは沖縄県含みつ糖製糖施設近代化事業、もう一つは沖縄振興特別推進交付金事業。二つを合わせた総事業費は約74億3900万円。含みつ糖製糖施設の1日当たりの処理量は250㌧を見込む。

 伊良皆村長は「新しい工場建設へ向け、2年間の事業のスタートとなる。村民のご理解をお願いしたい」と述べた。

 同工場の来間春誠工場長は「皆さんのご理解を頂きながら新しい工場建設に向け、職員一同頑張りたい」と気持ちを引き締めた。

 伊良皆村長は村議会3月定例会の施政方針の中で「多良間村サトウキビ全農家がエコファーマーとして認定されました。このことは、多良間村黒糖の安全・安心を国内外にPRすることができ、差別化はもとより、『黒糖エコ生産の島』としての知名度アップになります」と述べた。

 県は昨年、化学肥料3割減の農家を対象とした「エコファーマー」の認定証を、多良間村の全サトウキビ農家252戸に交付している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!