12/10
2022
Sat
旧暦:11月17日 先負 丁 
産業・経済
2015年5月7日(木)9:00

袋掛け作業始まる/マンゴー

豊作予想の農家も


マンゴーの袋掛け作業に追われる栽培農家=6日、市内のマンゴー栽培ハウス

マンゴーの袋掛け作業に追われる栽培農家=6日、市内のマンゴー栽培ハウス

 市内のマンゴー栽培農家の一部では5月に入ってから、栽培ハウス内で順調に育つマンゴーの果実に袋を掛ける作業に着手している。宮古地区での作業は今月中に終了し、今期の最終的な総生産量が予想される見通し。

 マンゴー栽培農家のうち、平良島尻地区の「へんとな農園」(辺土名忠志代表)では、今期産のマンゴーは前期より約7㌧多い約22㌧を見込む。

 同農園のマンゴー栽培ハウスは、同地区が22棟(面積約100㌃)、野田山林向かいが19棟(同約80㌃)の計41棟(総面積約180㌃)。袋を掛けると、果実の日焼け・害虫防止に役立つ。

 ハウス内ではアーウィンとキーツの2品種を栽培。収穫は6月上旬から始まり、アーウィンは7月、キーツは8月にそれぞれ終了する予定。

 同農園の辺土名清志専務は「今期産マンゴーの着花率は良い」と喜ぶ。その上で「農薬の種類によっては使用する時期を誤ると受粉昆虫に悪い影響を与えるので、着花率が左右される。マンゴー栽培農家は、正しい時期の使用について知識を深める必要がある」とアドバイスする。

 同農園では、女性のパート10人が愛情を込めて育てている果実の完熟に向け、てきぱきと仕事をこなしている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!