05/18
2024
Sat
旧暦:4月11日 友引 壬 
産業・経済
2015年5月8日(金)9:00

船舶輸送に協力呼び掛けへ/マンゴー滞貨意見交換会

来月、生産農家に説明


マンゴーの滞貨解消に向け意見が交わされた=7日、県宮古合同庁舎

マンゴーの滞貨解消に向け意見が交わされた=7日、県宮古合同庁舎

 宮古島マンゴー滞貨問題に関する第2回意見交換会(主催・宮古島マンゴーの未来を考える会)が7日、県宮古合同庁舎で行われた。出荷量のピーク時に積み残しの解消を図るため、航空と船舶を併用した輸送体系や出荷量のコントロールなどを生産農家に求めていく方針を確認した。22日開催予定の市マンゴー産地協議会で提案し、6月上旬にも農家を集めて協力を呼び掛ける。

 行政機関や商工会議所、海運会社、宅配便事業を行う企業などが出席。前回に引き続き、それぞれの立場から滞貨問題の解消に向け意見を交換した。

 このうち、沖縄ヤマト運輸からは今期のマンゴー出荷想定重量を800㌧とした場合の輸送体制が示され、船舶と航空の複合輸送であればピーク時に対応できると説明した。

 チルド輸送(食品の特性に応じて最適の温度を保って輸送する方法)であれば、安全かつ迅速に輸送するサービスを展開できるとし、琉球海運も既存の路線を活用すれば「問題ない」と話した。

 主催者のマンゴー生産農家で島の駅みやこ出荷者協議会の上地登会長は「今年のマンゴーは天気に恵まれ、比較的豊作で推移している」と説明。その上で、滞貨問題の解消は生産農家の意識の統一が不可欠だとした。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!