11/28
2022
Mon
旧暦:11月5日 先負 乙 
産業・経済
2015年5月8日(金)9:00

船舶輸送に協力呼び掛けへ/マンゴー滞貨意見交換会

来月、生産農家に説明


マンゴーの滞貨解消に向け意見が交わされた=7日、県宮古合同庁舎

マンゴーの滞貨解消に向け意見が交わされた=7日、県宮古合同庁舎

 宮古島マンゴー滞貨問題に関する第2回意見交換会(主催・宮古島マンゴーの未来を考える会)が7日、県宮古合同庁舎で行われた。出荷量のピーク時に積み残しの解消を図るため、航空と船舶を併用した輸送体系や出荷量のコントロールなどを生産農家に求めていく方針を確認した。22日開催予定の市マンゴー産地協議会で提案し、6月上旬にも農家を集めて協力を呼び掛ける。

 行政機関や商工会議所、海運会社、宅配便事業を行う企業などが出席。前回に引き続き、それぞれの立場から滞貨問題の解消に向け意見を交換した。

 このうち、沖縄ヤマト運輸からは今期のマンゴー出荷想定重量を800㌧とした場合の輸送体制が示され、船舶と航空の複合輸送であればピーク時に対応できると説明した。

 チルド輸送(食品の特性に応じて最適の温度を保って輸送する方法)であれば、安全かつ迅速に輸送するサービスを展開できるとし、琉球海運も既存の路線を活用すれば「問題ない」と話した。

 主催者のマンゴー生産農家で島の駅みやこ出荷者協議会の上地登会長は「今年のマンゴーは天気に恵まれ、比較的豊作で推移している」と説明。その上で、滞貨問題の解消は生産農家の意識の統一が不可欠だとした。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!