12/06
2022
Tue
旧暦:11月13日 大安 癸 
社会・全般
2015年5月10日(日)9:00

復帰43周年、新たな闘いへ/5・15郡民大会

陸自配備反対の決議採択


大会決議とスローガンを採択し「ガンバロウ三唱」で気勢を上げる5・15平和とくらしを守る宮古郡民大会参加者=9日、市役所平良庁舎前広場

大会決議とスローガンを採択し「ガンバロウ三唱」で気勢を上げる5・15平和とくらしを守る宮古郡民大会参加者=9日、市役所平良庁舎前広場

 5・15平和とくらしを守る宮古郡民大会(主催・平和運動センター宮古島)が9日、市役所平良庁舎前広場で行われた。5・15平和行進の参加者が集まり、「復帰43周年を迎える今、新たに自衛隊配備の問題をこの島に、そして県内に持ち込むべきではない」とした大会決議と、「先島への陸上自衛隊配備反対」などとした8項目のスローガンをそれぞれ採択した。

 郡民大会は5・15平和行進ゴール後の午後5時30分ごろから行われた。

 来賓あいさつを行った沖縄平和運動センターの大城悟事務局長は「辺野古問題は全国、世界が注目している。沖縄の未来は政府が決めるものではない。国の押し付けを許してはいけない」と呼び掛けた。

 宮古平和運動連絡協議会の清水早子共同代表、市議会の新城元吉氏がそれぞれ連帯のあいさつを述べた。

 採択された決議文には、安倍晋三政権下で、国家安全保障会議が設置され特定秘密保護法案が強行採決されたことや新防衛計画の大綱、中期防衛力整備計画が決定されたことなどを指摘。さらには宮古島に500人規模の陸上自衛隊の配備計画を示し「平和な島の基地強化に向けた地ならしが活発化している」「軍隊となる自衛隊がもたらすのは夢や希望ではなく、近隣国との不要な軍事的近況や危険性の増加といったマイナスの要因ばかりである」と警鐘を鳴らした。

 その上で「平和な島に自衛隊はいらない。武力で平和はつくれない」と強調、基地のない平和な沖縄を求め闘い抜くことに決意を示した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!