05/18
2024
Sat
旧暦:4月11日 友引 壬 
社会・全般
2015年5月10日(日)9:00

復帰43周年、新たな闘いへ/5・15郡民大会

陸自配備反対の決議採択


大会決議とスローガンを採択し「ガンバロウ三唱」で気勢を上げる5・15平和とくらしを守る宮古郡民大会参加者=9日、市役所平良庁舎前広場

大会決議とスローガンを採択し「ガンバロウ三唱」で気勢を上げる5・15平和とくらしを守る宮古郡民大会参加者=9日、市役所平良庁舎前広場

 5・15平和とくらしを守る宮古郡民大会(主催・平和運動センター宮古島)が9日、市役所平良庁舎前広場で行われた。5・15平和行進の参加者が集まり、「復帰43周年を迎える今、新たに自衛隊配備の問題をこの島に、そして県内に持ち込むべきではない」とした大会決議と、「先島への陸上自衛隊配備反対」などとした8項目のスローガンをそれぞれ採択した。

 郡民大会は5・15平和行進ゴール後の午後5時30分ごろから行われた。

 来賓あいさつを行った沖縄平和運動センターの大城悟事務局長は「辺野古問題は全国、世界が注目している。沖縄の未来は政府が決めるものではない。国の押し付けを許してはいけない」と呼び掛けた。

 宮古平和運動連絡協議会の清水早子共同代表、市議会の新城元吉氏がそれぞれ連帯のあいさつを述べた。

 採択された決議文には、安倍晋三政権下で、国家安全保障会議が設置され特定秘密保護法案が強行採決されたことや新防衛計画の大綱、中期防衛力整備計画が決定されたことなどを指摘。さらには宮古島に500人規模の陸上自衛隊の配備計画を示し「平和な島の基地強化に向けた地ならしが活発化している」「軍隊となる自衛隊がもたらすのは夢や希望ではなく、近隣国との不要な軍事的近況や危険性の増加といったマイナスの要因ばかりである」と警鐘を鳴らした。

 その上で「平和な島に自衛隊はいらない。武力で平和はつくれない」と強調、基地のない平和な沖縄を求め闘い抜くことに決意を示した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!