05/21
2024
Tue
旧暦:4月13日 仏滅 甲 小満
政治・行政
2015年5月12日(火)9:00

議会判断見極める/陸自配備計画で下地市長

 下地敏彦市長は11日、左藤章防衛副大臣から宮古島への陸上自衛隊配備計画の説明を受け、市議会の判断を見極めた上で決定するとの考えを示した。下地市長はマスコミの取材に「宮古島の民意はどこにあるかというのが大切。市民の代表である議会に対しても誘致に歓迎、反対という双方の要請書が出ている。従って議会においてどういうふうに判断するのかを見た後に判断する」と述べた。自身の考えについては「今は判断できない」と回答を避けた。

 千代田カントリークラブと大福牧場の2カ所が有力な候補地として示されたことについても「そこで良いのかどうかは議会の意見を聞いてみたい」と述べた。記者から、市側が候補地としてゴルフ場を提案したかについての質問には否定した。

 「防衛省に配備計画を地域住民に説明するよう要望する予定はないか」との質問に対しては「それは必要ない。議会には示された配備計画を提示する。市民にはマスコミ報道で知らされる。それについて論議するというのが議会の場である。議会での論議を通じていろいろと意見が集約されていく」と述べた。住民投票については「議会の動向を見ない限り分からない」と話した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!