12/07
2022
Wed
旧暦:11月14日 赤口 甲 大雪
産業・経済
2015年5月12日(火)9:00

園児がかち割り体験/「黒糖の日」キャンペーン

来場者に配布しPR


黒糖ブロックのかち割りを体験する園児たち=11日、あたらす市場

黒糖ブロックのかち割りを体験する園児たち=11日、あたらす市場

 県宮古農林水産振興センター(安里和政所長)主催による「黒糖の日」消費拡大キャンペーンが11日、JAおきなわファーマーズマーケットあたらす市場で開かれた。園児が黒糖ブロックのかち割りを体験したほか、来場者に割った黒糖や試供品、パンフレットなどを配布し宮古産黒糖をPRした。

 同キャンペーンは毎年、「黒糖の日」やその前後で開催していて、今回は多良間島産の黒糖ブロック60㌔と黒糖商品、試供品などが用意された。

 あいさつに立った安里所長は、多良間島産が県全体の4割を占める黒糖は離島経済を支える重要な産業との考えを示した上で「黒糖は健康食品としても注目されている。この機会に消費者へ黒糖の良さを改めて認識してもらい、おやつや料理の隠し味、贈答品など幅広く活用してもらえることを願っている」と語った。

 宮古製糖の安村勇社長は「黒糖は地域の文化と経済発展に貢献してきた。多良間の先人が守り育てた日本一の黒糖に誇を持ち、県の業界は多良間がリードするという気概を持って頑張りたい」との考えを示した。

 同キャンペーンには心愛保育園の5歳児11人も参加。かわいい踊りを披露したほか、黒糖ブロックのかち割りを体験。割りたてを頬張ると「甘い、おいしい」などと笑顔を見せた。

 今月15日まで、あたらす市場内で黒糖について紹介するパネルが展示される。

 「黒糖の日」は、県と生産地の市町村、製糖会社などで作る「沖縄県含蜜糖対策協議会」が2010年、語呂合わせから5月10日に制定。沖縄産黒糖の良さをPRして販売拡大につなげるさまざまな取り組みが県内各地で行われる。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!