02/08
2023
Wed
旧暦:1月18日 赤口 丁 
産業・経済
2015年5月23日(土)9:00

今期出荷予測量は685㌧/宮古島産マンゴー

前年並み、ピークは7月中旬
技術向上でブランド化促進/15年度推進会議


ブランド化を促進する宮古島産マンゴー(資料写真)

ブランド化を促進する宮古島産マンゴー(資料写真)

 宮古島産マンゴーのブランド化を推進する地域農業振興総合指導事業の2015年度推進会議が22日午後、県宮古合同庁舎で開かれ、今期産マンゴーの出荷予測量が前年比10%減の685㌧になることが示された。今後の袋掛け調査で最終的な数字を出す。出荷のピークは7月中旬が見込まれている。推進会議では、今年度も各種活動を通して生産基盤を確立、栽培技術を向上させて宮古島産のブランド化を促進する。

 今期マンゴーの生産状況および出荷予測量については、県宮古農林水産振興センター農業改良普及課が報告した。

 今期は花にばらつきが見られ、満開期が全体的に遅れ気味であると指摘。早い花は第1次摘果が終了しているが、未受精果の割合が例年より多く感じられるという。

 また、昨年多かったアザミウマの被害が、「今のところ被害園地は少ない」とする報告もあった。

 出荷量は、着花率が園によって異なるため、予想が難しいとしながらも、「昨年より花は多いようである」と説明。ただ、未受精果が多いことから、前期(760㌧)に比べると収量は減少するものと見込んでいる。

 出荷のピーク時期は、全体的に開花の時期が遅れているため、7月中旬にずれ込む見通しであることが報告された。

 推進会議は、農業生産の振興、農業構造の改善等、総合的な取り組みを実施し、宮古島市で栽培されるマンゴーのブランド化を推進することを目的とする。県、市、JA、生産者で構成されている。

 主な活動として、▽産地リーダーの育成▽規格外マンゴーの活用促進▽現地技術組み立て実証展示ほの設置-などに取り組んでいる。


カテゴリー一覧

観光関係

2023年2月2日(木)8:58
8:58

12月観光客数は6万2179人/宮古島市

最多の19年度に次ぐ多さに 市観光商工課は1月31日、2022年12月の宮古島市への入域観光客数について、前年同月比1万3952人増の6万2179人だったと発表した。12月としての最多を記録した19年度の7万6621人には届かなかったものの、それに続く18年度…

2023年1月31日(火)8:58
8:58

きょう、開通から8年/伊良部大橋

宮古の観光産業をけん引   宮古本島と伊良部島を結ぶ伊良部大橋は、きょう31日で開通から8年を迎える。すっかり島民の生活路線として定着した大橋だが、宮古地区全体で飛躍的な伸びを示す観光産業のけん引役として内外の注目を集める。伊良部島、下地島では官民一…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!