06/13
2024
Thu
旧暦:5月8日 赤口 戊 
産業・経済
2015年5月23日(土)9:00

今期出荷予測量は685㌧/宮古島産マンゴー

前年並み、ピークは7月中旬
技術向上でブランド化促進/15年度推進会議


ブランド化を促進する宮古島産マンゴー(資料写真)

ブランド化を促進する宮古島産マンゴー(資料写真)

 宮古島産マンゴーのブランド化を推進する地域農業振興総合指導事業の2015年度推進会議が22日午後、県宮古合同庁舎で開かれ、今期産マンゴーの出荷予測量が前年比10%減の685㌧になることが示された。今後の袋掛け調査で最終的な数字を出す。出荷のピークは7月中旬が見込まれている。推進会議では、今年度も各種活動を通して生産基盤を確立、栽培技術を向上させて宮古島産のブランド化を促進する。

 今期マンゴーの生産状況および出荷予測量については、県宮古農林水産振興センター農業改良普及課が報告した。

 今期は花にばらつきが見られ、満開期が全体的に遅れ気味であると指摘。早い花は第1次摘果が終了しているが、未受精果の割合が例年より多く感じられるという。

 また、昨年多かったアザミウマの被害が、「今のところ被害園地は少ない」とする報告もあった。

 出荷量は、着花率が園によって異なるため、予想が難しいとしながらも、「昨年より花は多いようである」と説明。ただ、未受精果が多いことから、前期(760㌧)に比べると収量は減少するものと見込んでいる。

 出荷のピーク時期は、全体的に開花の時期が遅れているため、7月中旬にずれ込む見通しであることが報告された。

 推進会議は、農業生産の振興、農業構造の改善等、総合的な取り組みを実施し、宮古島市で栽培されるマンゴーのブランド化を推進することを目的とする。県、市、JA、生産者で構成されている。

 主な活動として、▽産地リーダーの育成▽規格外マンゴーの活用促進▽現地技術組み立て実証展示ほの設置-などに取り組んでいる。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!