02/01
2023
Wed
旧暦:1月11日 大安 庚 
政治・行政
2015年5月28日(木)9:00

転倒、けがの危険も/市体育館雨漏り

関係者ら早急な対策要望


ミニバスケットボールの試合中、プレーを中断し、雨漏り箇所のタオルを交換する作業が行われた=23日、上野体育館

ミニバスケットボールの試合中、プレーを中断し、雨漏り箇所のタオルを交換する作業が行われた=23日、上野体育館

 さまざまな競技大会が行われる市の体育館で雨漏りが確認されている。激しい雨に見舞われた23、24日、ミニバスケットボール大会が行われていた上野体育館ではコート内に水滴が落ちてくる状態だったことから、その部分にタオルを敷きテープで固定する対策が講じられた。選手の保護者や関係者からは転倒によるけがの恐れもある危険な状態として、市に対し早急な対策を求める声が聞かれた。

 体育館の床がぬれていると滑るため、転倒によるけがなどの危険性が高まる。上野体育館でのミニバスケットボール大会では選手の転倒を防止するため、雨水が落ちてくる箇所にタオルを敷き、四方をテープで固定。タオルが多くの水分を含んでくるとタオルを取り替える作業が行われた。

 選手の保護者からは「スポーツアイランドといいながらこの状況はひどい。子供たちがけがをしてしまう危険もある。安全、安心に関わることなので一日も早く、修繕してほしい」などの声が聞かれた。

 市民スポーツ課によると、上野体育館だけでなく、市総合体育館、下地勤労者体育センターでも雨漏りを確認しているという。同課では「激しい雨の日や、風向きによって雨漏りが発生するケースがある。状況を確認しながら順次、修繕していきたい」との考えを示している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!