12/10
2022
Sat
旧暦:11月17日 先負 丁 
教育・文化
2015年6月3日(水)9:00

与那覇さん(宮高3年)優秀賞

高校生憲法スピーチコンテスト


宮城会長(前列左から2人目)から表彰状を受け取った与那覇さん(同中央)と本村校長(同右から2人目)ら関係者たち=2日、宮古高校

宮城会長(前列左から2人目)から表彰状を受け取った与那覇さん(同中央)と本村校長(同右から2人目)ら関係者たち=2日、宮古高校

 日本青年会議所沖縄ブロック協議会(宮城啓一会長)主催の高校生憲法スピーチコンテストが5月2日に浦添市で開かれ、宮古高校3年の与那覇真衣さんが優秀賞を受賞した。与那覇さんを表彰するため宮城会長は2日、宮古高校を訪れ、表彰状を授与した。

 同コンテストは浦添てだこホールで開かれ、県内高校生8人が出場。「もし憲法がなかったらどうなる?」をテーマにそれぞれが考えを発表した。与那覇さんは宮古島からインターネット中継で参加し、自分たちの自由を守っている憲法に感謝の思いを示すスピーチを行い、最優秀賞に次ぐ優秀賞を獲得。最優秀賞受賞者とともに夏休み期間中に国会議事堂見学ツアーへ招待で参加する。

 表彰式では宮城会長から与那覇さんに表彰状が手渡された。与那覇さんは「今回、スピーチ文を書いたことで、今まであまり考えてこなかった憲法について初めて考えて、ありがたいなと思え良かった」と感想を語った。

 宮城会長は「憲法と自分の生活といった視点を持つことで、新しい目標や夢が生まれてくると思う。今後の活躍に期待している」と激励。本村博之校長は与那覇さんの意識の高さが受賞につながったとの考えを示すとともに「与那覇さんを中心に、生徒全員が真摯(しんし)に憲法について考えて、これからの社会を担ってほしい」と語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!