06/16
2024
Sun
旧暦:5月11日 先負 辛 
社会・全般
2015年6月4日(木)9:00

会員集い式典、祝賀会/関東南秀同窓会が60周年

大山会長「発展に力注ぐ」


記念式典に参加した会員ら=5月31日、東京都新宿区のアルカディア市ケ谷

記念式典に参加した会員ら=5月31日、東京都新宿区のアルカディア市ケ谷

 【東京支社】関東南秀同窓会(大山芳男会長)はこのほど、創立60周年記念式典、祝賀会を東京都新宿区のアルカディア市ケ谷(私学会館)で開いた。会員と来賓など計50人が出席。校歌を歌いながら、会のさらなる発展と結束を再確認した。会場に詰め掛けたメンバーたちは、故郷を離れ関東の地で活躍してきたそれぞれの歴史を振り返りながら交流を深めた。

 同会は1955年2月に設立。今回は大学在学中の2人が参加するなど、会の広がりがうかがえた。

 大山会長は「当時立ち上げた先輩方には大変感謝している。会長としてこれからも皆さんに支えてもらいながら、会の発展に力を注ぎたい」と話した。

 来賓あいさつでは、南秀同窓会の真榮城忠之副会長が宮古島での同窓会活動を報告し、宮古東京郷友会連合会の土井幸子会長(20期)は郷友会のこれからの事業内容について説明した。

 そのほか、関東城岳同窓会(那覇高校)の真栄田修会長も沖縄本島の歴史などについて紹介した。

 毎年同窓会に参加しているという同会顧問の砂川隆久さん(10期)は「参加するたびに入学したころの南校舎と、お世話になった当時の池村恵興校長を思い出す」と懐かしそうに話した。

 会場では、参加者全員に会報誌「絆」の創立60周年記念特集号が配布された。同窓会運営に多大な貢献をした6代会長の赤崎多喜夫さん、7代会長の砂川真栄さん、8代会長の宮里邦雄さんに感謝状が贈られた。

 2015年度総会も行われ、14年度の活動と会計報告、15年度の予算案や活動計画などが審議され、それぞれ原案通り承認された。

 15年度の同窓会役員は次の通り。(敬称略)

 【会長】大山芳男【副会長】国仲晃行(12期)佐藤ヒサ子(13期)砂川清栄(16期)【事務局長】上原英夫(18期)


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!