05/21
2024
Tue
旧暦:4月13日 仏滅 甲 小満
スポーツ
2015年6月7日(日)9:00

前浜で77チーム激突/ビーチバレーが開幕

五輪メダリストも参加


各コートでは白熱した試合が展開された=6日、与那覇前浜ビーチ

各コートでは白熱した試合が展開された=6日、与那覇前浜ビーチ

 第16回ビーチバレー宮古島大会2015(主催・同実行委員会)が6日、与那覇前浜ビーチで開幕した。「出会い!感動!飛躍!ビーチの勇者たち!」をテーマに男子2人制11チーム、女子2人制9チーム、男女混成4人制に77チームが参加し、白砂のビーチに設置された10面の特設コートで熱戦を繰り広げた。きょう7日、男女混成4人制の予選リーグと各部門の決勝トーナメントまで行われる。14年に開催されたソチ冬季五輪銀メダリストの葛西紀明選手もゲスト出場した。



 初日の男女とも2人制は予選リーグ6試合、男女混成4人制42試合がリーグ戦で行われた。男子2人制は西村晃一・上場雄也ペアの「WINDS」、女子2人制は鈴木千代・石坪聖野ペアの「さと・ちよ」が、決勝トーナメントに駒を進めた。


 選手約350人が参加した開会式で「賞金は家賃にあてます」チームの林田敏裕・山名優子選手が参加選手を代表して「全力を出して頑張ります」と力強く宣誓した。


 大会実行委員長を務める宮古島観光協会の豊見山健児会長が「皆さんの参加ありがとう。日ごろ鍛えた力と技を十二分に発揮して、優勝を目指して頑張ってほしい」と開会を宣言した。


 主催者を代表して大会長を務める下地敏彦市長が「天気良し!気温良し!風良し!みんな第16回大会頑張ってほしい」とあいさつした。


 きょう7日は午前9時から男女混成4人制の予選リーグを行う。午後1時から男女2人制の決勝トーナメントと、男女混成4人制の各ブロック1位の21チームで決勝トーナメントを行う。表彰式は午後4時から前浜ビーチステージで行われる予定。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!