05/25
2024
Sat
旧暦:4月17日 友引 戊 
スポーツ
2015年6月16日(火)9:00

伊良部大橋を初疾走/ツール・ド・宮古島

184㌔は杉本(浦添)総合V/114㌔は高良、男女とも県勢制覇


独走でゴールする184㌔部門を制した杉本雄隆=14日、平良久松のトゥリバー地区

独走でゴールする184㌔部門を制した杉本雄隆=14日、平良久松のトゥリバー地区

 初めて伊良部大橋がコースに盛り込まれた第8回ツール・ド・宮古島2015(主催・宮古島市ほか)のロードレースが14日、市平良久松のトゥリバー地区をスタート・ゴール地点に行われた。184㌔では昨年100㌔を制した杉本雄隆(20)=浦添=が2位に2分29秒差をつけて優勝。同女子は2度目の挑戦となった仲村陽子(42)=浦添=が制した。また、114㌔は高良和郎(22)=宜野湾=がゴール直前の競り合いを制して総合優勝。同女子は大石育子(43)=沖縄=が制した。

 今年の大会は、114㌔部門と184㌔部門で行われ、184㌔が午前7時に、114㌔が同7時10分にトゥリバー地区をスタートした。

 184㌔には112人、114㌔には336人が出場。梅雨明けして真夏の日差しが照りつける宮古路で、合計448人のアスリートたちがそれぞれのドラマを展開した。

 114㌔は、途中集団から抜け出した早瀬憲太郎(42)=神奈川県=が逃げ切りを図ったが、ゴール間際に集団に吸収され、最後は団子状態でゴールに流れ込み、最後は高良が大接戦を1秒差で制して優勝した。

 184㌔は、昨年大会で100㌔を制した杉本が先行逃げ切りのレースを展開。レース後半も後方集団に2分以上の差をつけて優位に進め、最後は2位の岩瀬一憲(48)=三重=に2分以上の差をつけての優勝となった。

 強い日差しを全身に受けながら、目の前を高速で駆け抜けるアスリートたちに、沿道からは「ワイドー」「頑張れー」の声援が送られていた。

 今大会の完走率は、184㌔が80・4%、114㌔が75・6%だった。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!