04/18
2024
Thu
旧暦:3月10日 赤口 壬 
産業・経済
2015年6月23日(火)9:00

島の味覚を全国へ/宮古郵便局

マンゴーとパイン出荷式


出荷を祝いテープカットを行う関係者たち=22日、宮古郵便局

出荷を祝いテープカットを行う関係者たち=22日、宮古郵便局

 おいしい島の味覚を全国へ-。宮古島の夏の味覚、マンゴーとパインの出荷本格化を受けて「宮古島産マンゴー・パインゆうパック出荷式」が22日、宮古郵便局(多良間明局長)で行われた。式では、関係者がテープカットを行い、全国への出荷を祝ったほか、トラックに積み込む作業を手渡しで行った。

 出荷式には郵便局員やマンゴーとパインの生産者、宮古島市の下地敏彦市長、航空会社の職員らが参加。主催者を代表して多良間局長が「全国から高い評価を受けている宮古島産のマンゴー、パインの生産拡大に向けては関係機関が情報を共有化することが大切。私たち郵便局も宮古島の活力となるように、より多くの宮古島の味覚を全国に届けていきたい」と述べた。

 下地市長は「今年の宮古島産マンゴーは過去最高の良い出来となった。宮古島産パインもその甘さは素晴らしくファンも年々増えている。それを全国に届ける郵便局は大きな役割を担っている。今年もおいしい宮古島産のマンゴーとパインを商品者に確実に届けてほしい」と呼び掛けた

 生産農家を代表して辺土名忠志さんが「私たちが大切に育ててきたマンゴー、パインの出荷式がこうして盛大に開催されることをうれしく思う。島の味覚を心待ちにしている全国各地の客に迅速かつ安全に商品が届けられることを願っている」と述べた。

 多良間局長、下地市長、辺土名氏らがテープカットを行い、全国への出荷を祝ったほか、手渡しでトラックへの積み込み作業を行い、積み込んだトラックの出発を見送った。

 オープニングセレモニーではリズム保育園の3、4歳児17人が元気いっぱいの踊りを披露し、式に花を添えた。また、式終了後は試食会が行われ、関係者や園児たちが宮古島産マンゴーとパインを味わった。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!